ニュース

ソフトバンク・中村晃が「16球目」驚異の粘り勝ち! 打たれた大瀬良もマウンド上で苦笑い

無断転載禁止
ソフトバンクの中村晃(C)KYODO NEWS IMAGES
2020.03.13 18:00
福岡ソフトバンクホークス 10 終了 5 広島東洋カープ
PayPayドーム

たった2球で2ストライクも…


 ソフトバンクの中村晃選手(30)が13日、PayPayドームで行われている広島とのオープン戦に「3番・右翼」で先発出場し、3回の第2打席にボールカウント2ストライクから13球粘り、この打席16球目を捉えて適時打をマークした。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 注目の場面は5点ビハインドの3回、二死三塁の場面だった。




 中村は相手先発の大瀬良と対峙し、初球のストレートを見逃し、2球目のカットボールをファウル。2球で2ストライクと追い込まれたが、ボールを1球挟んでカットボール、フォークにストレートと、大瀬良のウィニングショットを5球連続でファウルに。

 さらに2球続けてボールを見極めフルカウントに持ち込むと、ここから内外角に投げ込まれるボールをまたしても5球連続ファール。最後はこの打席16球目となった真ん中低めのカットボールを叩くと、打球は大瀬良の足元を抜けて中前へ。この試合自身2本目となるヒットは、チーム初得点を叩き出す適時打になった。

 この結末には打たれた大瀬良もマウンド上で思わず苦笑い。初回は12球、2回は13球とテンポよくスコアボードにゼロを並べていたが、3回は打者5人に対して25球。それも自身の送球エラーで出した走者を中村に返されることになり、手痛い失点となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西