ニュース

オリックス・T-岡田が藤川球児から特大3ラン「いい手応えだった」

無断転載禁止
オリックスのT-岡田 (C) Kyodo News
2020.03.13 14:00
阪神タイガース 6 終了 5 オリックス・バファローズ
京セラD大阪

“開幕投手”山岡が5回4失点も「責められない」


 オリックスは13日、京セラドーム大阪で行われたオープン戦で阪神と対戦。開幕投手に指名されている先発の山岡泰輔投手が5回4失点という内容ながら、6回に5本の長単打を集めて一気に試合をひっくり返した。その後、終盤に失点を重ねてサヨナラ負けを喫したものの、中川圭太選手が3安打、T-岡田が特大の3ランと、攻撃面に手ごたえを感じた試合となった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 その打線は6回表、この回からマウンドに上がった藤川球児投手を攻め立て、松井祐介選手と後藤駿太選手のタイムリーで2点差にすると、続くT-岡田がライトスタンド上段に特大3ランをブチ込んで大量5得点。4点のビハインドを一気にひっくりかえした。


 オリックスの西村徳文監督は試合後、「2番打者」として猛打賞を記録した中川について「3本すべてが長打(2塁打)でしょ。現状では2番かなと思います。クリーンナップのあと、宗が6番でハマれば2番ですね」と、より攻撃的な2番者としての起用を示した。

 また、西村監督は「チームにとって大きい。彼らしいホームランだった。あれで一気に逆転できましたからね。打順をどうすればいいのか考えないと」と、T-岡田を評価し、うれしい悲鳴をあげた。

 T-岡田自身も「チャンスでしたし、ピッチャーが球児さんだったので、速いストレートに合わせて打席に入りました。しっかりと振り抜くことができて、いい手ごたえで打つことができました」と納得の表情を見せた。

 一方、5回を95球、4失点、被安打9、奪三振6という内容だった山岡に関しては、「3月20日の開幕に合わせて調整してきたわけですから、そこは見てあげないと。責められない」と、開幕延期を受け、調整が難しくなっているエースをかばった。 


取材・文=どら増田
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西