ニュース

日本ハムがサヨナラ勝ち! 宇佐見同点打&清宮V打、救援陣0封リレー

無断転載禁止
日本ハム・清宮幸太郎
2020.03.14 14:00
北海道日本ハムファイターズ 8 終了 7 横浜DeNAベイスターズ
札幌ドーム
○ 日本ハム 8x - 7 DeNA ●
<3月14日・札幌ドーム>




 日本ハムがサヨナラ勝ち。2点を追う9回裏、途中出場・宇佐見の2点適時二塁打で同点に追いつき、最後は「6番・一塁」でオープン戦初スタメンだった清宮がサヨナラの中前適時打を放った。

 日本ハムは7番・ビヤヌエバの3点適時二塁打などで3回まで5-1とリードするも、先発登板したロドリゲスが4回途中7失点(自責6)でノックアウト。5-7と2点ビハインドで最終回を迎えた。9回は相手右腕・笠井の乱調で一死満塁の好機を作ると、宇佐見が左翼線への2点適時二塁打を放ち同点。さらに二死二、三塁から、清宮がサヨナラ打を中前へ運んだ。

 清宮は初回の第1打席でも押し出し四球を選び、この試合3打数1安打2打点をマーク。昨年10月末に受けた右肘手術の影響でキャンプから出遅れていたが、オープン戦初スタメンでさっそく存在感を示した。

 投げては2番手以降の鈴木健、公文、宮西、秋吉、西村の5投手が無失点リレー。投手陣の踏ん張りに打線が応えた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西