ニュース

広島・大瀬良、開幕相手の中日に7回4失点 不運な打球続出も内容は上々

無断転載禁止
広島・大瀬良大地

6回までは2安打無失点の快投!


 広島の大瀬良大地投手(28)が20日、中日との練習試合(マツダ)に先発登板。不運な当たり続出で7回に一挙4点を失ったが、降板時の表情は明るかった。

 この日は本来ならシーズン開幕戦。大役が決まっていた大瀬良はそのままマウンドに上がった。初回、先頭の大島に内野安打を許したものの、3番・福田を空振り三振に仕留めるなど後続をピシャリ。2回は5番・阿部、6番・平田、7番・京田を3者連続三振。3回以降も安定した投球でゼロを並べた。

 6回まで69球だった大瀬良は、1-0の7回も続投。先頭の4番・ビシエドに右中間突破の二塁打を浴びると、続く阿部のボテボテの打球は三塁内野安打に。その後、一死一、二塁となり、京田に同点適時打を右前へ運ばれた。

 さらに二死満塁で、1番・大島の飛球は中前へポトリ。この間に逆転となる2者の生還を許した。なおも二死二、三塁で、2番・高橋の打球は一塁・松山の前でイレギュラー。これが適時内野安打となり4点目を失った。

 大瀬良は7回だけで4点を失い、計101球、7安打4失点、4奪三振2四球の内容で降板。不運な当たり連発で失点を重ねたが、投球内容は上々だった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西