ニュース

西武・山川が3安打3打点で4番の仕事「やりたいことはできている」

無断転載禁止
2020.03.20 14:00
埼玉西武ライオンズ 試合前 北海道日本ハムファイターズ
メットライフ

頼りになりすぎる「4番」


 西武の山川穂高選手が20日に行われた日本ハムとの練習試合に「4番・一塁手」で先発出場し、3打数3安打3打点の大活躍でチームの勝利(5-2)にも貢献。自身としても「やりたいことはできている」と満足感を示した。


 まずは初回、1番・金子、2番・源田、3番・森の3連打で無死満塁で打席に入ると、2ボール1ストライクから日本ハムの先発・有原が投じた4球目をセンター方向へ弾き返した。高々と上がった打球はフェンスの手前で中堅手・西川に好捕されたが、犠牲フライには十分な飛距離。最初のチャンスをしっかりと得点に結びつけ、4番の役目を果たした。

 この日の4打席で唯一ヒットにならなかった打席だったが、山川は「ちょっと詰まって手前までだったけど、センター中心に打ち返そうとしてシンプルにいけたかな」と納得の表情を見せ、「1打席目が良かった」と振り返った。

 3回の第2打席は、無死一塁という状況で右中間に二塁打を放ち、一塁走者の森が長駆ホームイン。二死一二塁で打席に入った4回の第3打席には、三遊間を破る適時打をマークした。さらに先頭打者として迎えた7回の第4打席では、2ストライクと追い込まれた状況で、タイミングをずらされたボールをうまくバットに乗せてレフト前に落とした。

 最後のヒットは「たまたまタイミングがあっただけ」とのことだが、昨季までの全球ホームラン狙いという意識から、今季は「自分のバッティングをシンプルにするという意識」を強めた結果、オープン戦からここまでヒットは出続け、良い状態を維持し続けている。

 昨年までは、ホームランへの意識が強すぎたことでオーバースイングも多く、結果として「良い状態が続かなかった」と語っていたが、15日のオープン戦最終戦から間隔が空いた20日の試合でも「自分の中でのイメージと体が一致したのがうれしかった」と笑顔を見せ、「きっと明日もいい感じでいけると思う」と手ごたえを口にした。


西武 5-2 日本ハム<メットライフドーム>
日|010 000 100|2
西|101 100 20☓|5
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西