ニュース

広島、10試合連続白星なし…フランスア2戦連続複数失点、ブルペン整備難航

無断転載禁止
広島のヘロニモ・フランスア
● 広島 2 - 3 ヤクルト ○
<3月24日・マツダスタジアム>

 広島は練習試合4連敗でオープン戦から10試合連続勝利なし。この日もリリーフ陣が踏ん張れず逆転負けを喫した。

 先発した薮田は3回3安打無失点と好投したものの、2点リードの5回に登板した3番手・一岡が、ヤクルト・吉田成に適時二塁打を許し1点差に詰め寄られた。8回は6番手・フランスアが、二死満塁のピンチを招き6番・雄平に痛打。2点適時打を左前へ運ばれ2-3と逆転された。

 打線は3回、敵失絡みで2点を先制するも3回以降は沈黙。本拠・マツダスタジアムでは、西武に5-11で敗れた7日のオープン戦から6連敗となった。

スコット、塹江ら光明はあるものの…


 心配なのが救援陣だ。中でも昨季の守護神・フランスアは2試合連続の複数失点。この日も3安打2四球2失点と不安定な投球で逆転を許した。試合前には、勝ちパターン入りが期待された新外国人DJ.ジョンソンのファーム再調整が決定。ハイレベルな外国人枠が争いが期待されたが、現実は不安の募る結果が続いている。

 一方で、DJ.ジョンソンとともに新加入したスコットは、オープン戦から3試合連続無失点と好調。新守護神としての期待が日に日に高まっている。

 スコットだけではなく、キャンプ中から好投を続けている塹江、同じく左腕の高橋樹らの台頭はあるものの、ブルペン整備自体は難航している広島。開幕延期で再び猶予期間が生まれたが、そろそろ勝ちパターンの陣容を固めたいところだ。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西