ニュース

中日ドラ1・石川昂、一軍デビュー戦は3打数無安打2三振

無断転載禁止
中日・石川昂弥
● 中日 1 - 2 巨人 ○
<3月25日・ナゴヤドーム>

 中日のドラフト1位・石川昂弥内野手(18)が25日、巨人との練習試合(ナゴヤドーム)で一軍デビュー。3打数無安打2三振と快音は聞かれなかったが、本拠地で貴重な経験を積んだ。

「3番・三塁」でスタメン出場した石川昂。初回の第1打席は、二死無走者で巨人先発・戸郷と対戦。初球から積極的にバットを出し、3球目のカットボールを叩いた打球はボテボテの三ゴロになったが、これが敵失を誘い一気に二塁へ進んだ。

 一死無走者で迎えた4回第2打席は、再び戸郷と対戦。変化球2球で追い込まれたあと、最後は3球目の真っ直ぐに差し込まれ空振り三振に倒れた。

 1点を7回は、再び一死無走者の場面で2番手右腕・與那原と対峙。この打席はじっくりをボールを見極めフルカウントまで持ち込んだが、最後は147キロの真っ直ぐに振り遅れ2打席連続の空振り三振に倒れた。

 フル出場したものの第4打席は巡って来ず、一軍デビュー戦は3打数無安打2三振。中日は1点を追う7回、4番・福田の中越えソロで同点に追いつくも、9回に登板した岡田が失点し1点差で敗れた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西