ニュース

“現時点”での川相氏のセ・リーグ順位予想

無断転載禁止
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める川相昌弘氏
 27日に放送された『ショウアップナイタースペシャル2020 プロ野球徹底討論』に出演した川相昌弘氏が、現時点でのセ・リーグの順位を予想した。

 川相氏の予想とコメントは以下の通り。

1位 巨人
「オープン戦で勝てなかったので、非常に迷ったのですが、絶対的エースの菅野がいる。先発投手もサンチェス、戸郷、田口も戻ってきましたし、鍬原、今村と揃ってきている。後ろ3枚に野手も坂本、丸、岡本がいるので、やるんじゃないかなと。あとは監督のやりくりが上手なので、オープン戦は最下位でしたけどやるんじゃないかなと思います」

2位 DeNA
「昨年も2位でしたし、新外国人のオースティンにソト、ロペス、佐野もいる。爆発力という点で一番怖いのはDeNAだと思いますね。投手陣も先発・今永、抑えに山崎としっかりしている。巨人を破るとしたらDeNAじゃないかなと思っています。(課題は)先発5番目、6番目というところと、中継ぎ陣に新人とかに頼らなきゃいけないところが少し課題かなと思います」

3位 中日
「与田監督2年目で昨年やったことの反省を踏まえて、今年はやるぞという意気込みが非常に感じられました。力のある選手が非常に多い。今年は与田監督がキャンプ当初からベテラン投手に期待しているということで、吉見と山井。この2人が頑張って欲しいと打ち出していた。先日も巨人との練習試合に吉見が先発して、4回まで良い投球をしていた。山井は経験があるので、長いシーズン必要になってくると思います。それに大野、柳、小笠原、新人の岡野。岡野は結構やるんじゃないかなと思っている。後ろに藤嶋、岡田としっかりしている。地味なイメージがありますけど、スケジュール的に難しいシーズンになるというときに、なんかやりそうな雰囲気がある。僕は期待しています」

4位 阪神
「阪神も外国人選手次第というところもあると思う。野手のベンチ入りメンバーが充実してきている。若い選手の底上げという部分では、矢野監督は二軍監督もやられていて、そこから一軍に持ってきている選手が結構いる。その底上げというのは、阪神はすごくできていると思う。なので野手は充実してきていると思うので、あとはピッチャー。先発のところが絶対的なエースだったメッセンジャーが引退したというのは大きい。西勇輝をはじめ高橋、青柳、秋山。藤浪が今年シーズン頑張ると阪神の上位もある」

5位 広島
「先発の大瀬良、ジョンソン、森下が非常に良い投手。この3名に関しては力を発揮するんじゃないかなと思います。ただ佐々岡監督もオープン戦で終わったときに言われていましたが、後ろの中継ぎピッチャーが不安だと。抑えピッチャーは正式に決まっていないんじゃないかなという感じがするので、そこが不安。野手陣に関しては力のある選手はいるが、全体的な上積みというのはどうなのかなと。田中広輔が1番に戻ってくると思うんですけど、外国人を含めて、少しどうなのかという気がしたので下の順位になりました」

6位 ヤクルト
「一番はバレンティンのところを誰がどういう風に、埋めていくかが一番の課題。バレンティンの穴を足で埋めるのか、攻撃力のバージョンで埋めていくのか、そこのバランスだと思う。高津監督が投手出身、斎藤隆コーチ、石井コーチが一生懸命投手の整備にあたっていて、外国人投手のスアレス、イノーアとか、結構力が発揮してくるんじゃないかなと思います」

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM