ニュース

プロ野球が「バーチャル」で開幕!巨人とDeNAの一戦は9回まで目が離せない展開に…

無断転載禁止

リアルのプロ野球は開幕延期も…


 一般社団法人日本野球機構(以下、NPB)と株式会社コナミデジタルエンタテインメント(以下、 コナミ)は29日、『プロ野球 “バーチャル”開幕戦 2020』を開催。本来であれば3月20日(金・祝)に現実のプロ野球で開催されるはずだった対戦カードが、ゲームの中で“再現”された。


 世界中を混乱に陥れている「新型コロナウイルス」の影響により、プロ野球2020シーズンの開幕が延期に。それに伴い、全国のプロ野球ファンへ少しでもプロ野球を楽しむ機会を提供すべく、NPBとコナミがタッグを組んで実現したこの企画。この日はセ・リーグの巨人-DeNA、パ・リーグは楽天-オリックスの戦いが行われた。


【ルール】
・9イニング制(延長なし)
・DH制=セ:なし/パ:あり


巨人(坂東秀憲)-DeNA(大茂英寿)


 この『バーチャル開幕戦』では、各球団1名の代表が9イニングのフルマッチをプレー。

 巨人は本業がチームの球団職員でありながら「eBASEBALL」の世界では選手として戦ったという異色のプレイヤー・坂東秀憲選手が、DeNAは圧巻の投球術を武器に昨季のセ・リーグ投手二冠(防御率・奪三振)に輝いた大茂英寿選手がコントローラーを握る。





先制点は巨人


 開幕戦とあって巨人は菅野智之、DeNAは今永昇太という両エースの激突。加えてお互い投球術に定評のあるプレイヤーの戦いとあって投手戦が予想されたが、試合は初回から動く。

 巨人は先頭の吉川尚輝が安打で出ると、一死から丸佳浩がライト線を破る二塁打。この間に吉川は俊足飛ばして一気にホームイン。巨人が先手を奪う。

 しかし、以降の2イニングは両チームともテンポ良くアウトを重ねてゼロ行進。巨人が1-0とリードして序盤戦を終える。


DeNAが逆転


 菅野を前に苦しんでいたDeNAだったが、4回に打線が奮起。先頭の梶谷隆幸が安打で出ると、すかさず盗塁を決めて二塁へ。ここで新助っ人のタイラー・オースティンが左中間突破のクリーンヒット。梶谷が一気にホームに還って適時打。オースティンの“来日初打点”で試合が振り出しに戻る。

 さらにネフタリ・ソトが安打で続くと、一死一・三塁となってから宮崎敏郎がセンターに運ぶ適時打。ヒットを繋いでDeNAが逆転に成功すると、その後も嶺井博希の適時打に続き、投手の今永昇太もレフト前に落とす2点適時打。そこから大和にも適時打が飛び出し、6-1とリードを5点に。序盤は打ちあぐねた菅野をノックアウトした。





突き放すDeNA、迫る巨人


 インターバルを挟んだ6回には、巨人の新助っ人チアゴ・ビエイラに対して二死から投手の今永が安打を放って出塁すると、9番の大和が右中間突破の二塁打。今永は一塁から二塁・三塁と蹴って一気にホームイン。8番・9番の連打で点差を広げていく。

 しかし、巨人もその裏に反撃。代打のイスラエル・モタが二塁打を放ってチャンスを作ると、先制打を放った丸が右中間に叩き込む一発。一振りで2点を返し、7-3と取られた直後に取り返した。





DeNAが逃げ切り体制も…


 7-3と4点リードで終盤戦を迎えたDeNAは、7回から継投策へ。まずは三嶋一輝がピンチを背負いながらも切り抜けてゼロをひとつ刻むと、8回は左腕のエドウィン・エスコバーへ。

 しかし、先頭の吉川に安打を許すと、2番・坂本勇人には左中間の看板にぶち当てられる特大の2ランを被弾。その後は二死を奪うものの、今度は新助っ人のヘラルド・パーラに"来日1号"を献上。8回を終わって7-6、1点差で最終回の攻防へと移っていった。


 リードを広げておきたいDeNAだったが、9回表の攻撃は走者を出しながらも無得点。1点差のまま9回裏へ、マウンドにはもちろん山﨑康晃が登る。

 山﨑は下位打線を2人で斬ると、最後は代打の石川慎吾を二飛に打ち取って三者凡退。最後は接戦になったが、1点のリードを守り抜いたDeNAが敵地で勝利を掴んだ。



ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西