ニュース

プロ野球が「バーチャル」で開幕!ソフトバンクとロッテの一戦では大注目の"令和の怪物"が…

無断転載禁止

リアルのプロ野球は開幕延期も…


 一般社団法人日本野球機構(以下、NPB)と株式会社コナミデジタルエンタテインメント(以下、 コナミ)は31日、『プロ野球 “バーチャル”開幕戦 2020』を開催。本来であれば3月20日(金・祝)に現実のプロ野球で開催されるはずだった対戦カードが、ゲームの中で“再現”された。


 世界中を混乱に陥れている「新型コロナウイルス」の影響により、プロ野球2020シーズンの開幕が延期に。それに伴い、全国のプロ野球ファンへ少しでもプロ野球を楽しむ機会を提供すべく、NPBとコナミがタッグを組んで実現したこの企画。第1節の最終日となったこの日は、セ・リーグの広島-中日、パ・リーグはソフトバンク-ロッテの戦いが行われた。


【ルール】
・9イニング制(延長なし)
・DH制=セ:なし/パ:あり


ソフトバンク(平山大輝)- ロッテ(下山祐躍)


 この『バーチャル開幕戦』では、各球団1名の代表が9イニングのフルマッチをプレー。

 プレイヤーは今年1月まで激闘が繰り広げられた「eBASEBALL プロリーグ」の2019シーズンで戦った選手たちで、ソフトバンクはシーズン防御率1.80の平山大輝選手、ロッテはシーズン防御率1.13で最優秀防御率のタイトルを獲得した下山祐躍選手というピッチング自慢の2人による対決となった。


【スタメン】

▼ 先攻:ロッテ
(右)マーティン
(左)荻野貴
(指)福田
(一)井上
(三)レアード
(二)中村
(中)加藤
(遊)藤岡
(捕)田村
先発P. 佐々木朗

▼ 後攻:ソフトバンク
(二)牧原
(右)柳田
(捕)栗原
(左)バレンティン
(指)デスパイネ
(三)松田
(一)グラシアル
(中)上林
(遊)今宮
先発P. 千賀


球界のエースvs.令和の怪物




 『バーチャル開幕戦』には、「見られなかった開幕戦を再現できる」という魅力もある一方、ファンが見たいと思う「夢の対決を実現できる」という魅力もある。

 今回の対戦は、それで言うと完全に“後者”──。ソフトバンクは、調整が遅れて3月20日の開幕戦には間に合わなかったはずのエース・千賀滉大を先発に立て、対するロッテは昨秋のドラフトからこの春までプロ野球ファンの注目を集め続けたドラフト1位ルーキー・佐々木朗希をマウンドへ。現球界屈指の好投手と、これからの球界を背負って立つ逸材による夢のマッチアップが実現した。


 千賀は初回、先頭打者を味方の失策で出すも、持ち前の“お化けフォーク”で福田秀平を空振り三振に斬って取るなど、立ち上がりのピンチは無失点で切り抜ける。

 そして1回裏、プロ野球ファンも注目の佐々木朗希が登場。先頭の牧原大成を160キロの速球で内野ゴロに斬ると、2番の柳田悠岐はフォークで一ゴロ。栗原陵矢も左飛に打ち取り、立ち上がりは見事に三者凡退でスタートした。


 すると打線が2回に援護。相手の守備のミスも利用してチャンスを作ると、加藤翔平の内野ゴロの間に1点を先制。千賀から貴重な得点を挙げて主導権を握る。

 リードをもらった佐々木は2回も3人で斬ると、3回に一死から上林誠知に初安打を許したものの、今宮健太が打ち上げた右中間の飛球は右翼手のレオネス・マーティンがダイビングキャッチ。さらに起き上がってから一塁へボールを送り、強肩で飛び出した一塁走者もアウトに。バックもルーキーを盛り立てていく。

 4回は2番・3番に連打を許すも、ウラディミール・バレンティンとアルフレド・デスパイネという2人の大砲を冷静に打ち取ってここも無失点。勝利投手の権利がかかる5回もゼロで抑え、そのまま続投した6回、先頭の今宮に安打を浴びると、次打者をアウトに取ったところまでで降板。日本一王者の強力打線を相手に“上々のプロデビュー”を飾った。





最後まで緊迫した試合展開…


 佐々木の前に沈黙していたソフトバンク打線だったが、代わった2番手・東條大樹に上位打線が牙をむく。

 一死一塁から柳田の二塁打で二・三塁と一打逆転のチャンスを作ると、3番・栗原の打球は一二塁間へ。ここは一塁手・井上晴哉のファインプレーで安打こそ阻まれたものの、三塁走者が還って同点。試合を振り出しに戻す。


 しかし、追いつかれたロッテもすぐさま反撃。ソフトバンクの秘密兵器候補カーター・スチュワートJr.から、マーティンのあわや本塁打という二塁打で一・三塁のチャンスを作ると、代わったデニス・サファテに対して荻野貴司がセンターにきっちり犠飛。取られた直後に取り返し、再びリードを奪った。

 ロッテはこのリードをジェイ・ジャクソンから西野勇士と繋いで守り、9回はストッパーの益田直也へ。2番の柳田からという打順も、正確な投球とバックの堅守で見事に3人斬り。2-1で逃げ切り、ロッテが今年もソフトバンクを相手に強さを見せた。


【PayPayドーム】ソ 1 - 2 ロ
ロ|010 000 100|2
ソ|000 001 000|1
勝:東條(ロ)
負:スチュワートJr.(ソ)
S:益田(ロ)
本:




ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西