ニュース

「今日」もいつかの開幕日 2009年のセ・リーグは巨人が3連覇達成も、開幕カードは苦戦…

無断転載禁止
巨人が3連覇を果たした2009年のセ・リーグ (C)Kyodo News

まだ見えぬシーズン開幕に想いを馳せて


 世界中の人々を混乱に陥れている「新型コロナウイルス」の問題。ご存知の通り、その影響はプロ野球界にも多大な被害を及ぼしており、本来であれば3月20日(金)に開幕していたはずの2020年シーズンは依然としてスタートの目処がたたず。一時は「4月24日(金)」という目標に向けて進められていたが、ついに選手の感染も確認されるなど、事態は終息どころか悪化する一方で、今では4月中の開幕も難しくなりつつある。


 当たり前と思っていた“プロ野球がある日々”も、平穏な日常があってこそ。そんなことを再認識させられる日々が続いているが、今回はまだ見えぬシーズンに想いを馳せながら、今日=「4月3日」にシーズン開幕を迎えた過去のシーズンに注目。開幕前にWBCが開催された、2009年について振り返ってみたい。

 まずはセ・リーグから。


▼ 2009年4月3日のセ・リーグ
巨人 3 - 6 広島
中日 4 - 1 横浜
阪神 5 - 2 ヤクルト


12ゲーム差独走Vも黒星発進


 2006年からスタートした巨人の“第2次・原政権”。就任2年目からリーグ連覇を果たすと、2009年もその強さを発揮して2位に12ゲーム差をつける独走優勝。最多となる89勝を挙げてセ・リーグを制し、勢いのまま7年ぶりとなる日本一の栄冠も掴んだ。

 主砲のアレックス・ラミレスが首位打者と最多安打のタイトルを獲得し、リーグMVPも受賞。前後に小笠原道大と李承燁という左のスラッガーが並び、下位には阿部慎之助と前年レギュラー定着を果たしたばかりという売り出し中の坂本勇人がいた驚異の打線だが、「4月3日の開幕戦」においては苦しい戦いを強いられている。


 先発のセス・グライシンガーが初回に先制を許すと、打線は3回にコルビー・ルイスから小笠原とラミレスのアベックアーチで3-1と逆転に成功しながら、4回にグライシンガーが突如の乱調。6本の長短打を浴びて5失点と、試合を作ることができなかった。

 打線も本塁打以外の攻め手に欠け、ルイス相手に6回・6安打も2ランとソロの3点。リリーフ陣も打ち崩すことはできず、3-6で敗戦。なお、翌日も前田健太の粘投で逆転負けを喫すると、第3戦は1-1の引き分け。

 独走優勝を果たすシーズンだが、実は開幕カードでは白星を挙げることができなかった。


▼ 先攻:広島
(中)赤松
(二)東出
(遊)梵
(一)栗原
(三)シーボル
(左)嶋
(捕)石原
(右)天谷
(投)ルイス

▼ 後攻:巨人
(右)亀井
(中)鈴木
(三)小笠原
(左)ラミレス
(一)李承燁
(二)アルフォンゾ
(捕)阿部
(遊)坂本
(投)グライシンガー


【東京ドーム】巨 3 - 6 広
広|100 500 000|6
巨|003 000 000|3
勝:ルイス
負:グライシンガー
S:永川
本:シーボル(広)・小笠原(巨)・ラミレス(巨)


まさかのサプライズ抜擢


 リーグ3連覇の巨人には及ばなかったものの、2位ながら81勝をマークしたのが中日。最優秀防御率のチェンに最多勝の吉見、最多セーブの岩瀬という強固な投手力に加え、この年加入したトニ・ブランコがとにかく凄まじかった。

 開幕戦で三浦大輔からいきなり“来日初打席・初本塁打”をマークすると、広いナゴヤドームで驚愕のパワーをいかんなく発揮。39本塁打・110打点でいきなりセ・リーグ二冠に輝く活躍を見せている。


 また、タイトルを獲得するチェンや吉見を押さえ、開幕投手を務めたのが浅尾拓也。前年に44試合の登板で防御率1.79とブレイクを果たすと、なんとこの年は開幕投手に抜擢。プロ1年目以来となる先発マウンドが開幕戦という大役も、8回を投げて被安打5、失点1も自責はゼロという快投で期待に応えて見せた。

 ただし、以降は先発で結果が残せずにリリーフへ。それでも、難しいシーズン中の切り替えにもしっかり対応。前年を上回る67試合に登板し、33ホールドを記録している。


▼ 先攻:横浜
(中)松本
(二)仁志
(一)ジョンソン
(左)内川
(右)吉村
(遊)藤田
(捕)野口
(三)山崎
(投)三浦

▼ 後攻:中日
(二)荒木
(遊)井端
(三)森野
(一)ブランコ
(左)和田
(右)井上
(中)藤井
(捕)谷繁
(投)浅尾


【ナゴヤドーム】中 4 - 1 横
横|001 000 000|1
中|010 200 10X|4
勝:浅尾
負:三浦
S:岩瀬
本:ブランコ(中)・和田(中)×2


最終盤まで続いたライバル関係


 2009年は3位がヤクルト、4位が阪神。ヤクルトが球団初のクライマックスシリーズ出場を果たすのだが、この2チームの最終的なゲーム差はわずか「2.5」。CS出場権をかけた争いは最終盤の10月9日までもつれた。

 ヤクルトは開幕戦こそ落としたものの、2戦目・3戦目は連勝で勝ち越し。シーズン通算でも阪神に対して15勝9敗と強さを見せ、この直接対決の差が順位を大きく分ける結果に。開幕投手の石川雅規と、前年からの好調を維持した館山昌平が2人で29勝(13敗)を稼いだのも大きかった。


 阪神は開幕戦こそ安藤優也の粘投に、打線も序盤から活発で逃げ切り勝ちを果たしたものの、以降のシーズンは突出した存在の台頭がなく苦戦。

 左腕の能見篤史が13勝を挙げる活躍を見せるが、それに続く先発投手は不在。タイトルホルダーやベストナイン選出もゼロに終わり、最後まで決め手に欠けた。


▼ 先攻:ヤクルト
(左)福地
(遊)川島
(中)青木
(一)デントナ
(右)ガイエル
(三)宮本
(二)田中
(捕)相川
(投)石川

▼ 後攻:阪神
(中)赤星
(一)関本
(遊)鳥谷
(左)金本
(三)新井
(右)メンチ
(捕)狩野
(二)平野
(投)安藤


【京セラD大阪】神 5 - 2 ヤ
ヤ|000 010 100|2
神|131 000 00X|5
勝:安藤
負:石川
S:藤川
本:ガイエル(ヤ)・関本(神)・金本(神)


2009年セ・リーグ表彰選手


<最優秀選手>
アレックス・ラミレス(巨人)
☆2年連続2度目

<最優秀新人>
松本哲也(巨人)

<ベストナイン>
投:ディッキー・ゴンザレス(巨人)
捕:阿部慎之助(巨人)
一:トニ・ブランコ(中日)
二:東出輝裕(広島)
三:小笠原道大(巨人)
遊:坂本勇人(巨人)
外:アレックス・ラミレス(巨人)
外:内川聖一(横浜)
外:青木宣親(ヤクルト)

<最優秀投手>
ディッキー・ゴンザレス(巨人)
※ベストナインに選出された投手に与えられていた


<最優秀防御率投手>
チェン・ウェイン(中日/1.54)
☆初受賞

<最多勝利投手>
吉見一起(中日/16勝)
☆初受賞

館山昌平(ヤクルト/16勝)
☆初受賞

<最多奪三振投手>
コルビー・ルイス(広島/186個)
☆2年連続2度目

<最多セーブ投手>
岩瀬仁紀(中日/41S)
☆3年ぶり3度目

<最優秀中継ぎ投手>
山口鉄也(巨人/44HP)
☆初受賞


<首位打者>
アレックス・ラミレス(巨人/.322)
☆初受賞

<最多本塁打者>
トニ・ブランコ(中日/39本)
☆初受賞

<最多打点者>
トニ・ブランコ(中日/110点)
☆初受賞

<最多盗塁者>
福地寿樹(ヤクルト/42個)
☆2年連続2度目

<最高出塁率者>
青木宣親(ヤクルト/.400)
☆2年ぶり2度目

<最多安打者>
アレックス・ラミレス(巨人/186本)
☆2年ぶり3度目

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西