ニュース

阪神・小幡はPCR検査「陰性」 2年目の19歳、一昨日に体調不良も

 阪神は3日、前日にPCR検査を受けていた小幡竜平内野手(19)の検査結果が「陰性」だったと発表した。

 1日夜より発熱と倦怠感があったことから、小幡は2日に新型コロナウイルスの感染の有無を調べるPCR検査を受診。チーム4人目のPCR検査実施の知らせに衝撃が走ったが、この日の夕方に西宮保健所より陰性との連絡を受けた。




 小幡は延岡学園高から2018年のドラフト2位で入団。ルーキーイヤーの昨季はファームで99試合に出場して打率.225(316-71)、1本塁打の成績。これまで一軍出場はなく、今春オープン戦では1試合2打席で2三振という成績だった。

 球団は先月27日に藤浪晋太郎投手、長坂拳弥捕手、伊藤隼太外野手の3選手がPCR検査の結果「陽性」判定を受けたことを発表している。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西