ニュース

「バーチャル開幕」第2戦 DeNAがハマスタで虎退治に成功!

無断転載禁止

リアルのプロ野球は開幕延期も…


 一般社団法人日本野球機構(以下、NPB)と株式会社コナミデジタルエンタテインメント(以下、 コナミ)が共催で3月29日から開催している『プロ野球 “バーチャル”開幕戦 2020』。4月3日からは“第2カード”として、3月24日(火)から現実のプロ野球で開催されるはずだった対戦カードがゲームの中で“再現”された。


 世界中を混乱に陥れている「新型コロナウイルス」の影響により、プロ野球2020シーズンの開幕が延期に。それに伴い、全国のプロ野球ファンへ少しでもプロ野球を楽しむ機会を提供すべく、NPBとコナミがタッグを組んで実現したこの企画。3日はセ・リーグのDeNA-阪神、パ・リーグの日本ハム-楽天という2試合が開催された。


【ルール】
・9イニング制(延長なし)
・DH制=セ:なし/パ:あり


DeNA(大茂英寿)- 阪神(岸川虎太朗)


 この『バーチャル開幕戦』では、各球団1名の代表が9イニングのフルマッチをプレー。

 なお、プレイヤーは今年1月まで激闘が繰り広げられた「eBASEBALL プロリーグ」の2019シーズンで戦った選手たちで、ホームのDeNAは2019シーズンのセ・リーグ投手二冠(最優秀防御率・最多奪三振)に輝いた大茂英寿選手が、対する阪神はセ・リーグ首位打者の岸川虎太朗選手が担当と、リーグを代表する“ほことたて”のマッチアップになった。


【スタメン】

▼ 先攻:阪神
(右)糸井
(中)近本
(三)大山
(一)ボーア
(左)サンズ
(捕)梅野
(二)上本
(遊)北條
(投)青柳

▼ 後攻:DeNA
(中)梶谷
(右)オースティン
(一)ソト
(左)佐野
(三)宮﨑
(二)石川
(捕)嶺井
(投)濱口
(遊)大和


阪神が先行も…


 エースが登場することが予想できた"開幕第1カード"とは違い、プレイヤーの先発投手のチョイスにも注目が集まった第2戦。DeNAは左腕の濵口遥大、阪神は変則右腕の青柳晃洋という両先発で試合がはじまった。


 試合を動かしたのは、打撃自慢の岸川選手が操る阪神。初回、先頭の糸井嘉男が安打で出ると、そこから新助っ人のジャスティン・ボーアにも安打が飛び出すなど、二死ながら満塁というチャンスをつくり、梅野隆太郎が右中間に運ぶ2点適時打。幸先よく先制に成功する。

 しかし、DeNAも3回に新主将・佐野恵太の適時打で1点を返すと、5回には昨季リーグ二冠王のネフタリ・ソトが一発を放って2-2の同点に。追いついて前半を折り返した。





ホームで勢いに乗るDeNA


 勢いに乗るDeNAは6回にも石川雄洋と嶺井博希の連打でチャンスを作ると、大和がライト線に落とす適時二塁打を放ってついに逆転。8回にも宮﨑敏郎の本塁打と代打ホセ・ロペスの適時打で貴重な2点を加え、中盤から終盤にかけてリードを広げていった。

 守りでも、濱口は3回まで立ち上がりの2失点でしのぎ、4回から早くも継投策へ。三上朋也にはじまり、国吉佑樹は5回からイニングをまたぎ、6回二死からはルーキーの伊勢大夢がしっかりとアウトひとつをもぎ取る。

 7回は快速左腕のエドウィン・エスコバーがゼロに抑え、そのまま8回も続投。1点のリードを守って守護神へとバトンを繋ぐ。

 リードが3点に広がった9回は、もちろん山﨑康晃がマウンドへ。きっちりと無失点で締めくくり、第1カードに続く2試合連続のセーブをマーク。投打が噛み合ったDeNAが、「バーチャル開幕戦」の2連勝を達成した。





【横浜スタジアム】De 5 - 2 神
神|200 000 000|2
De|001 011 02X|5
勝:伊勢(De)
負:西純矢(神)
S:山﨑康(De)
本:ソト(De)・宮﨑(De)





ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西