ニュース

「バーチャル開幕」第2戦 寿司にどすこい、おかわりも…両軍あわせて6発が飛び交う空中戦!

無断転載禁止

リアルのプロ野球は開幕延期も…


 一般社団法人日本野球機構(以下、NPB)と株式会社コナミデジタルエンタテインメント(以下、 コナミ)が共催で3月29日から開催している『プロ野球 “バーチャル”開幕戦 2020』。4月3日からは“第2カード”として、3月24日(火)から現実のプロ野球で開催されるはずだった対戦カードがゲームの中で“再現”された。


 世界中を混乱に陥れている「新型コロナウイルス」の影響により、プロ野球2020シーズンの開幕が延期に。それに伴い、全国のプロ野球ファンへ少しでもプロ野球を楽しむ機会を提供すべく、NPBとコナミがタッグを組んで実現したこの企画。4日はセ・リーグの中日-巨人、パ・リーグのロッテ-西武という2試合が開催された。


【ルール】
・9イニング制(延長なし)
・DH制=セ:なし/パ:あり


ロッテ(清野敏稀)- 西武(大上拓海)


 この『バーチャル開幕戦』では、各球団1名の代表が9イニングのフルマッチをプレー。

 なお、プレイヤーは今年1月まで激闘が繰り広げられた「eBASEBALL プロリーグ」の2019シーズンで戦った選手たちで、ロッテはこの試合から清野敏稀選手にバトンタッチ。西武は第1カードに続いて大上拓海選手がコントローラーを握る。


【スタメン】

▼ 先攻:西武
(中)金子
(遊)源田
(捕)森
(一)山川
(二)外崎
(三)中村
(指)メヒア
(左)スパンジェンバーグ
(右)木村
先発P. 松坂

▼ 後攻:ロッテ
(中)福田
(左)荻野貴
(指)安田
(一)レアード
(二)中村
(右)マーティン
(三)福田光
(捕)田村
(遊)藤岡
先発P. 美馬


期待のFA右腕と帰ってきた"平成の怪物"


 注目の先発は、ともにこのオフ話題を集めた"新加入"の選手に。ロッテはFAで楽天から移籍した美馬学を、西武は14年ぶりの古巣復帰となった松坂大輔を先発のマウンドに送った。


 先に主導権を握ったのはロッテ。初回、二死走者なしから3番に抜擢された安田尚憲が右中間フェンス直撃の二塁打を放つと、主砲のブランドン・レアードもライトフェンス直撃の二塁打。惜しくも本塁打とはならなかったが、二死からの連打で1点を先制する。

 さらに3回には、安田の内野ゴロの間に1点を加えると、つづくレアードが今度はレフトスタンドへ正真正銘の“スタンドイン”。2ランでこの回3得点を挙げ、ロッテが4-0とリードを広げていった。


 劣勢になった西武は美馬の攻略に手を焼くも、リードを広げられた直後の4回に森友哉の二塁打でチャンスを作り、山川穂高が適時打で還してなんとか1点。前半は4-1、ロッテの3点リードで折り返す。






空中戦の結末は…


 お互い無得点に終わった5回を挟み、6回から試合はさらに激しさを増していく。

 まずは6回表、西武は前の打席で適時打を放っている山川がソロを放って1点。しかし、その直後にロッテも4番のレアードが右中間スタンドに叩き込む“2打席連発”ですぐさまお返し。点差は変わらず3点のまま。

 それでも、西武は7回に中村剛也が右中間スタンドまで放り込み、8回には金子侑司にも一発。看板の強力打線が「打ち合いには負けん!」と言わんばかりの攻撃を見せ、5-4と1点差まで迫る。


 終盤は防戦に回っていたロッテだが、8回に二死ながら満塁とすると、井上晴哉がセンターに運ぶ適時打。最終回を前に貴重な1点を加える。

 すると9回は守護神の益田直也が中村に“おかわり弾”を浴び、なおも一死一・二塁というピンチを迎えたが、代打の栗山巧を併殺に斬ってなんとかリードを死守。打ち合いを制したロッテが、第1カードに続いて「バーチャル開幕戦」の2連勝を成し遂げた。





【ZOZOマリン】ロ 6 - 5 西
西|000 101 111|5
ロ|103 001 01X|6
勝:種市(ロ)
負:松坂(西)
S:益田(ロ)
本:レアード(ロ)×2・山川(西)・中村(西)×2・金子(日)




ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西