ニュース

「バーチャル開幕」第2戦 負けられない戦いで竜のルーキーが躍動!

無断転載禁止

リアルのプロ野球は開幕延期も…


 一般社団法人日本野球機構(以下、NPB)と株式会社コナミデジタルエンタテインメント(以下、 コナミ)が共催で3月29日から開催している『プロ野球 “バーチャル”開幕戦 2020』。4月3日からは“第2カード”として、3月24日(火)から現実のプロ野球で開催されるはずだった対戦カードがゲームの中で“再現”された。


 世界中を混乱に陥れている「新型コロナウイルス」の影響により、プロ野球2020シーズンの開幕が延期に。それに伴い、全国のプロ野球ファンへ少しでもプロ野球を楽しむ機会を提供すべく、NPBとコナミがタッグを組んで実現したこの企画。4日はセ・リーグの中日-巨人、パ・リーグのロッテ-西武という2試合が開催された。


【ルール】
・9イニング制(延長なし)
・DH制=セ:なし/パ:あり


中日(菅原翔太)- 巨人(坂東秀憲)


 この『バーチャル開幕戦』では、各球団1名の代表が9イニングのフルマッチをプレー。

 なお、プレイヤーは今年1月まで激闘が繰り広げられた「eBASEBALL プロリーグ」の2019シーズンで戦った選手たちで、中日は菅原翔太選手、巨人は坂東秀憲選手が第1カードに続いて登場。ともに初戦で敗れているだけに、負けられない戦いとなった。


【スタメン】

▼ 先攻:巨人
(左)亀井
(遊)坂本
(中)丸
(三)岡本
(右)パーラ
(一)大城
(二)吉川尚
(捕)小林
(投)サンチェス

▼ 後攻:中日
(中)大島
(左)岡林
(三)石川昂
(一)福田
(二)阿部
(右)平田
(遊)京田
(捕)郡司
(投)岡野


ルーキー vs. 新助っ人


 エースが登場することが予想できた"開幕第1カード"とは違い、プレイヤーの先発投手のチョイスにも注目が集まった第2戦。中日はドラフト3位ルーキーの岡野祐一郎が"プロ初先発"のマウンドへ。巨人は先発陣の救世主として期待がかかるエンジェル・サンチェスを先発に立てた。


 静かな立ち上がりを見せた試合は一発で動く。3回表、巨人が亀井善行の一発で1点を先制。外寄り低めの変化球を、広いナゴヤドームのバックスクリーンまで運んでみせる。

 それでも、ルーキーの岡野は5回をその1点でしのぐ力投を見せると、中日打線は5回裏に京田陽太の適時打で1-1の同点に。期待の新戦力がそれぞれ試合を作り、同点で前半戦を終えた。





ルーキーの力投にルーキーが応える!


 中日は6回から継投策へ。

 ライデル・マルティネスがいきなり連打で無死一・二塁のピンチを招くも、なんとか後続を打ち取って無失点。するとその裏、巨人の2番手・中川皓太から、代打で登場した高橋周平が二塁打を放って出塁。トップに帰って大島洋平もセンターへの安打でつなぎ、無死一・三塁とチャンスを作る。

 ここで、打席には高卒ルーキーの岡林。外寄りのボールを打った打球は良い当たりではなかったが、この遊ゴロの間に三塁走者が生還。チームに勝ち越しの1点をもたらす。


 さらに7回表には、ドラフト2位ルーキーの橋本侑樹が第1カードに続く好リリーフで流れを呼び込むと、直後の攻撃でドラフト4位ルーキーの郡司裕也がセンターオーバーの適時二塁打。ここもルーキーの活躍で、リードを2点に広げた。

 8回は新助っ人のルイス・ゴンサレスが丸に犠飛を許して1点を失うも、なんとかリードは死守。1点差とされた直後の8回裏には、ベンチスタートだったダヤン・ビシエドが適時打を放って再び2点差に。

 9回は岡田俊哉が走者を出しながらも無失点で締め、中日が4-2で逃げ切り勝ち。「バーチャル開幕戦」の初勝利を挙げた。


【ナゴヤドーム】中 4 - 2 巨
巨|001 000 010|2
中|000 011 11X|4
勝:マルティネス(中)
負:中川(巨)
S:岡田(中)
本:亀井(巨)




ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西