ニュース

村上宗隆につづけ!各球団注目の「高卒3年目」プレイヤー【巨人 編】

無断転載禁止
新入団発表では左端、ジャビット君に肩を組まれていた湯浅 (C) Kyodo News

巨人の「高卒3年目」選手


 昨秋のドラフト会議では、“令和の怪物”こと佐々木朗希(大船渡高→ロッテ)に最多の4球団が競合。そのなかで奥川恭伸(星稜高→ヤクルト)と石川昂弥(東邦高→中日)にも3球団が競合し、森敬斗(桐蔭学園高→DeNA)も1位で指名を受けるなど、高校生の逸材が大きな注目を浴びた。

 思い返して見ると、その1年前には、甲子園春夏連覇の立役者となった大阪桐蔭の根尾昂(現中日)と藤原恭大(現ロッテ)のコンビが複数球団から1位指名を受け、さらに報徳学園の大型内野手・小園海斗(現広島)にも根尾と同じ最多タイの4球団が競合。このように、毎年登場するゴールデンルーキーたちにファンの注目は移っていく。


 そんな中、今回取り上げたいのが、さらに“もう1年前”のドラフト会議で指名を受けた高卒選手たち。高校通算111本塁打という看板を引っ提げ、早実・清宮幸太郎が7球団から1位指名を受けたことでも印象深いこの年だが、プロ入り後の2年で最も飛躍した選手と言えば、ヤクルトの村上宗隆だろう。

 プロ2年目の昨季、レギュラーに定着して全試合出場を果たすと、36本塁打・96打点を叩き出す大暴れ。阪神・近本光司との激しい争いを制し、新人王にも選出された。

 飛躍を遂げた同世代に追いつけ、追い越せ──。清宮や安田尚憲といった“ドラ1”組はもちろんのこと、下位指名にも楽しみな存在が多くひしめく1999~2000年生まれの選手たち。今回は巨人の「高卒3年目選手」の現在地を見ていきたい。


“ポスト坂本”筆頭候補へ!


 2017年のドラフト会議では、大学生投手の鍬原拓也(中央大)を1位指名した巨人。その後も7位までは大学か社会人の選手を指名し続け、支配下最後の8位で指名したのが高校生の湯浅大だった。

 健大高崎からやってきた右投右打の内野手は、172センチ・70キロと小柄な体格ながら抜群の運動神経を持ち、特に俊足とそれを活かした広い守備範囲には高校時代から定評があった。

 ここ2年は故障もあって一軍出場はないものの、ファームでは1年目の18試合から昨季は67試合まで出場数を増加。迎えた3年目の春、キャンプ途中から一軍に招集されると、そのままオープン戦も一軍に帯同。16試合に出場して打率.391、OPSは1.025と、課題と言われていた打撃で飛躍的な成長を見せ、開幕一軍入りも現実味を帯びてくるほどの活躍を見せた。残念ながらプロ野球・2020シーズンの開幕は延期となってしまったものの、その躍動ぶりは首脳陣の記憶にしっかりと刻み込まれたことだろう。


 オフにはチームの大黒柱である坂本勇人の自主トレに参加。身近なところに最高のお手本がいる、というのも湯浅にとって大きなプラスになることは間違いない。

 そして、いつかはその坂本からレギュラーの座を奪い取る。いつか来るその時のため、プロ3年目の今季はまず一軍初出場というひとつ目のハードルを飛び越えたいところだ。


巨人の“高卒3年目”選手


<投手>
山上信吾(育2位/常磐高) ※育成
田中優大(育4位/羽黒高) ※育成

<内野手>
湯浅 大(8位/高崎健康福祉大高崎高)
比嘉賢伸(育1位/盛岡大付高) ※育成
折下光輝(育7位/新野高) ※育成

<外野手>
荒井颯太(育8位/関根学園高) ※育成

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西