ニュース

村上宗隆につづけ!各球団注目の「高卒3年目」プレイヤー【ソフトバンク 編】

無断転載禁止
支配下選手契約を結んだソフトバンクの尾形とリチャード (C) Kyodo News

ソフトバンクの「高卒3年目」選手


 昨秋のドラフト会議では、“令和の怪物”こと佐々木朗希(大船渡高→ロッテ)に最多の4球団が競合。そのなかで奥川恭伸(星稜高→ヤクルト)と石川昂弥(東邦高→中日)にも3球団が競合し、森敬斗(桐蔭学園高→DeNA)も1位で指名を受けるなど、高校生の逸材が大きな注目を浴びた。

 思い返して見ると、その1年前には、甲子園春夏連覇の立役者となった大阪桐蔭の根尾昂(現中日)と藤原恭大(現ロッテ)のコンビが複数球団から1位指名を受け、さらに報徳学園の大型内野手・小園海斗(現広島)にも根尾と同じ最多タイの4球団が競合。このように、毎年登場するゴールデンルーキーたちにファンの注目は移っていく。


 そんな中、今回取り上げたいのが、さらに“もう1年前”のドラフト会議で指名を受けた高卒選手たち。高校通算111本塁打という看板を引っ提げ、早実・清宮幸太郎が7球団から1位指名を受けたことでも印象深いこの年だが、プロ入り後の2年で最も飛躍した選手と言えば、ヤクルトの村上宗隆だろう。

 プロ2年目の昨季、レギュラーに定着して全試合出場を果たすと、36本塁打・96打点を叩き出す大暴れ。阪神・近本光司との激しい争いを制し、新人王にも選出された。

 飛躍を遂げた同世代に追いつけ、追い越せ──。清宮や安田尚憲といった“ドラ1”組はもちろんのこと、下位指名にも楽しみな存在が多くひしめく1999~2000年生まれの選手たち。今回はソフトバンクの「高卒3年目選手」の現在地を見ていきたい。


注目集めた「新・育成の星」


 この春、日本一王者に期待の新星が登場──。育成から支配下登録を勝ち取った話題の2人が、ちょうど今回取り上げる“高卒3年目”の世代にあたる。


 まず一人目、投手の尾形崇斗は学法石川高から2017年の育成ドラフト1位で入団した右腕。「分かっていても打てない」と評される絶品のストレートが最大の魅力で、昨オフのフェニックスリーグや台湾で行われたウインターリーグにおいて驚異の三振奪取力を発揮したことで一躍注目を浴びた。

 背番号3ケタのまま春のキャンプでアピールを続けると、オープン戦も一軍メンバーとして帯同。計5試合に登板して防御率は0.00と安定した投球を披露しただけでなく、最終登板となった3月15日の広島戦では先発として4回・1安打・無失点の快投。通算11イニング連続無失点でオープン戦を終え、晴れて支配下登録を掴んだ。


 その尾形と同日、支配下登録を受けたのがリチャード。189センチ・112キロの恵まれた体格からアーチを量産する右の大砲候補だ。

 沖縄尚学高から2017年の育成ドラフト3位でソフトバンクに入団。昨季も主に三軍では2ケタの本塁打を放つなど、そのパワーは誰もが認めるところではあったが、二軍では8試合の出場で打率は.077と確実性が課題。しかし、こちらもオフのウインターリーグで本塁打と打点の二冠に輝くなど成長を見せると、冬には同郷の先輩である西武・山川穂高の下で厳しく鍛えられ、春の飛躍へと繋げる。

 オープン戦では12試合の出場で打率.273と奮闘を見せ、本塁打は2発・長打率.682と持ち味も存分に発揮。3月15日のオープン戦最終戦では、広島のドラ1右腕・森下暢仁から本塁打を放って見せるなど、首脳陣を魅了して支配下の切符を掴み取った。


 ソフトバンクといえば、豊富な戦力を誇りながら、毎年のように活きの良い若手が台頭してくることでも知られている。特に近年は“育成出身”の選手たちの躍動が目立っていただけに、今年も尾形とリチャードの2人には秘密兵器として大きな期待がかかっている。

 ドラフト時は「育成」という評価だったが、入ってからは横一線。世代のトップを走る村上に続くのは、育成出身のこの2人かもしれない。


支配下組も目が離せない


 ここまでは育成の2名が目立っているが、2017年のドラフトでは支配下でも3名の高卒選手を指名しているソフトバンク。なかでも、ドラフト1位で指名したのが吉住晴斗である。

 清宮幸太郎につづいて安田尚憲、さらには馬場皐輔という抽選をすべて外し、いわゆる“ハズレのハズレのハズレ1位”という形での入札となったが、その素質は高く評価されていた右腕。1年目から地道にウエイトで鍛えてきたことが功を奏し、昨季はファームでパワーアップした速球を披露している。

 同じ投手では5位で入団した田浦文丸が、吉住とは対照的に“実戦型”の左腕として早くから経験を積み、昨年7月に一軍デビュー。ファームでも31試合に登板するなど、ここまでは順調な歩みを見せており、今季は一軍での出番を増やしていきたいところ。

 また、野手では3位で入団した増田珠が奮闘中。1年目は三軍、昨季は二軍で数多くの実戦経験を積み、シーズン終盤には初の一軍出場も記録。持ち前の元気の良さから「松田2世」として大きな期待がかけられているだけに、まずはファームでタイトルを争うような活躍が期待される。


 支配下指名組も、高校時代は甲子園を沸かせた逸材たちが揃っており、将来を嘱望される選手たちであることは間違いない。あとは巨大戦力のなか、いかに自分をアピールしていくことができるか。“3年目の飛躍”に注目だ。


ソフトバンクの“高卒3年目”選手


<投手>
吉住晴斗(1位/鶴岡東高)
田浦文丸(5位/秀岳館高)
尾形崇斗(育1位/学法石川高)

<内野手>
増田 珠(3位/横浜高)
リチャード(育3位/沖縄尚学高)

<外野手>
日暮矢麻人(育5位/立花学園高) ※育成

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西