ニュース

村上宗隆につづけ!各球団注目の「高卒3年目」プレイヤー【DeNA 編】

無断転載禁止
高校時代は“清宮のライバル”としても注目を浴びた櫻井周斗

DeNAの「高卒3年目」選手


 昨秋のドラフト会議では、“令和の怪物”こと佐々木朗希(大船渡高→ロッテ)に最多の4球団が競合。そのなかで奥川恭伸(星稜高→ヤクルト)と石川昂弥(東邦高→中日)にも3球団が競合し、森敬斗(桐蔭学園高→DeNA)も1位で指名を受けるなど、高校生の逸材が大きな注目を浴びた。

 思い返して見ると、その1年前には、甲子園春夏連覇の立役者となった大阪桐蔭の根尾昂(現中日)と藤原恭大(現ロッテ)のコンビが複数球団から1位指名を受け、さらに報徳学園の大型内野手・小園海斗(現広島)にも根尾と同じ最多タイの4球団が競合。このように、毎年登場するゴールデンルーキーたちにファンの注目は移っていく。


 そんな中、今回取り上げたいのが、さらに“もう1年前”のドラフト会議で指名を受けた高卒選手たち。高校通算111本塁打という看板を引っ提げ、早実・清宮幸太郎が7球団から1位指名を受けたことでも印象深いこの年だが、プロ入り後の2年で最も飛躍した選手と言えば、ヤクルトの村上宗隆だろう。

 プロ2年目の昨季、レギュラーに定着して全試合出場を果たすと、36本塁打・96打点を叩き出す大暴れ。阪神・近本光司との激しい争いを制し、新人王にも選出された。

 飛躍を遂げた同世代に追いつけ、追い越せ──。清宮や安田尚憲といった“ドラ1”組はもちろんのこと、下位指名にも楽しみな存在が多くひしめく1999~2000年生まれの選手たち。今回はDeNAの「高卒3年目選手」の現在地を見ていきたい。


全員に一軍のチャンスあり!


 DeNAは2017年のドラフトで3名の高卒選手を指名しているが、その3人がいずれも投手。加えて3人とも順調な歩みを見せており、一軍の枠を巡って争うことになるのも、そう遠くないかもしれない。


 3人のなかで最も早く指名を受けたのが、3位指名の阪口皓亮だ。北海高からやってきた187センチの長身右腕は、2年目の昨季5月に一軍デビュー。一軍で計3試合に登板したが、0勝1敗と初勝利を挙げることはできなかった。

 それでも、ファームでは前年を上回る20試合に登板。94回1/3という投球回数はチームで2番目の数字と、ローテーションの一角としてシーズンを戦っているだけに、あとはキッカケひとつ。今季はプロ初勝利からのブレイクというところに期待がかかる。


 ドラフト5位入団の左腕・櫻井周斗も、プロ2年目の昨季に念願の一軍デビュー。リリーフの一角として14試合に出場するなど、同期のなかで最も一軍経験を積んだ。

 今春はアレックス・ラミレス監督から特に大きな期待をかけられ、オープン戦でも4試合に登板。3度の先発で防御率は4.82ながら、2勝負けなしと“勝ち運”を発揮。開幕ローテーション入りを大きく手繰り寄せていただけに、開幕が延期となってしまったのは残念だが、再開が決まった際には出だしからチェック必須の存在となる。


 最後に紹介するのは、ドラフト時は“育成”での指名だった中川虎大。「虎」に「大」きいと書いて名前は「コオ」と読む。

 178センチ・79キロと投手としてはあまり目立つ体格ではないが、最速150キロを超える速球を武器に2年目の昨季ファームで大暴れ。7月に支配下登録を勝ち取ると、すぐに一軍デビューも果たしている。

 一軍では3試合に登板、うち1試合で先発も0勝1敗。プロ初勝利とはならなかったが、ファームでは防御率2.25と11勝でタイトル二冠奪取。勝率もリーグ2位の.786で、奪三振も同じくリーグ2位の93個と、投手四冠に迫る大活躍だった。


 このように、育成指名の選手を含む3人全員がプロ2年目までに一軍デビューを果たすなど、順調な歩みを見せているDeNAの「高卒3年目」選手たち。若い力を積極的に取り入れていく指揮官だけに、今季も健康であればチャンスは少なくないことだろう。

 3人のなかで“初勝利一番乗り”となるのは一体誰か…。3年目投手たちによるチーム内の争いから目が離せない。


DeNAの“高卒3年目”選手


<投手>
阪口皓亮(3位/北海高)
櫻井周斗(5位/日大三高)
中川虎大(育1位/箕島高)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西