ニュース

村上宗隆につづけ!各球団注目の「高卒3年目」プレイヤー【楽天 編】

無断転載禁止
楽天・松本京志郎

楽天の「高卒3年目」選手


 昨秋のドラフト会議では、“令和の怪物”こと佐々木朗希(大船渡高→ロッテ)に最多の4球団が競合。そのなかで奥川恭伸(星稜高→ヤクルト)と石川昂弥(東邦高→中日)にも3球団が競合し、森敬斗(桐蔭学園高→DeNA)も1位で指名を受けるなど、高校生の逸材が大きな注目を浴びた。

 思い返して見ると、その1年前には、甲子園春夏連覇の立役者となった大阪桐蔭の根尾昂(現中日)と藤原恭大(現ロッテ)のコンビが複数球団から1位指名を受け、さらに報徳学園の大型内野手・小園海斗(現広島)にも根尾と同じ最多タイの4球団が競合。このように、毎年登場するゴールデンルーキーたちにファンの注目は移っていく。


 そんな中、今回取り上げたいのが、さらに“もう1年前”のドラフト会議で指名を受けた高卒選手たち。高校通算111本塁打という看板を引っ提げ、早実・清宮幸太郎が7球団から1位指名を受けたことでも印象深いこの年だが、プロ入り後の2年で最も飛躍した選手と言えば、ヤクルトの村上宗隆だろう。

 プロ2年目の昨季、レギュラーに定着して全試合出場を果たすと、36本塁打・96打点を叩き出す大暴れ。阪神・近本光司との激しい争いを制し、新人王にも選出された。

 飛躍を遂げた同世代に追いつけ、追い越せ──。清宮や安田尚憲といった“ドラ1”組はもちろんのこと、下位指名にも楽しみな存在が多くひしめく1999~2000年生まれの選手たち。今回は楽天の「高卒3年目選手」の現在地を見ていきたい。


今季こそ支配下登録を


 楽天が2017年のドラフトで指名した高校生は育成含めて2名だけ。いまチームに残っているのは、育成2位指名の松本京志郎のみとなっている。


 福島県の光南高からプロ入りした172センチ・72キロの小柄な内野手だが、全身を使った力強いスイングから繰り出すパワフルな打撃が魅力。昨季はファームで79試合に出場して公式戦初アーチを放つなど、成長の跡を見せた。

 二軍では主力に定着しつつあっただけに、今季は支配下登録、さらには一軍デビューも…というところに期待がかかる。チームの内野陣はFAで鈴木大地がロッテから加入してきたほか、ドラフトでも1位で即戦力の小深田大翔、2位では高卒の逸材・黒川史陽を獲得するなど、昨年以上に壁は高くなっているが、突破口をこじ開けることができるだろうか。


 ちなみに、楽天が2017年のドラフトで指名した“もう1人の高卒選手”といえば、内野手の西巻賢二。楽天との契約は2019シーズン限りで終了となったが、今季からロッテでプレーすることが決まった。

 こちらも167センチ・70キロと小柄な体格ながらダイナミックなプレーを信条とする選手で、高卒ながらルーキーイヤーに一軍で25試合に出場。昨季は2試合のみと出番を減らしたが、ファームでは106試合に出場していた。

 退団が決まった時には大きな衝撃が走ったが、それだけ期待の高かった選手ということ。新天地で古巣を見返すような活躍ができるか、注目が集まる。


楽天の“高卒3年目”選手


<内野手>
松本京志郎(育2位/光南高) ※育成

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西