ニュース

元祖二刀流・関根潤三さん 大谷が達成するまで唯一だった“ある記録”

無断転載禁止
【プロ野球巨人対DeNA】解説50年を迎え、ゴールデンマイクを贈呈されて笑顔の関根潤三さん=2016年4月23日 東京ドーム 写真提供:産経新聞社
話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、4月9日に老衰のため亡くなった故・関根潤三さんの「選手時代」にまつわるエピソードを取り上げる。

9日午後に伝わった関根さんの訃報。享年93。ご高齢ではありましたが、4年前までニッポン放送「ショウアップナイター」でも解説を務められていただけに、鬼籍に入られたのは野球ファンとして悲しい限りです。

「ショウアップナイター」では、深澤弘アナウンサーとの名コンビが印象に残りますが、関根さんのソフトで明快な語り口が、野球ファン拡大に大きく貢献したのは間違いありません。

指導者としても、広島・巨人でコーチを務めたあと、1982~1984年に大洋(現DeNA)、1987~1989年にヤクルトで監督を歴任。指揮官として優勝は経験できませんでしたが、若手選手を育てる手腕には定評がありました。

特に、ヤクルト監督時代に育てた池山隆寛・広澤克己(後に克実)の「イケトラコンビ」は、後任・野村克也監督への最高の置き土産になりました。

そういった名伯楽ぶりはよく知られていますし、関根さんが育てた数多くの名選手たちが追悼のエピソードを語っていますが、現役時代(1950~1965年)のことは昔すぎて、あまり知られていないのは残念です。

かく言う筆者も、関根さんがプレーしていた時代は生まれる前。どんな選手だったのかは資料などを通じて後から知ったのですが、そのスーパープレーヤーぶりには驚かされました。そこで今回は「プロ野球選手・関根潤三」にスポットを当ててみようと思います。

日大三中(現・日大三高)を経て、法政大学に進学した関根さん。エースとして活躍し、通算41勝を記録しました。大学時代、1949年に来日した米国のサンフランシスコ・シールズを相手に、東京6大学選抜チームのピッチャーとして登板。2-4で敗れましたが、延長13回を1人で投げ抜いた話は伝説になっています。

そんな実績を引っさげ1950年にプロ入り。最初にプレーしたチームは「近鉄パールス」でした。(後に「近鉄バファロー」→「近鉄バファローズ」に改称)

当時の近鉄は、球団創立2年目。新興球団ゆえ選手層が薄い弱小チームでした。なぜ6大学のスターだった関根さんが入団したかというと、法大時代の恩師・藤田省三氏が、近鉄の監督に就任したからです。

関根さんは八幡製鉄所に就職が内定しており、そもそもプロに行くつもりはなかったそうですが、恩師から「お前も近鉄に来い」と言われては断れません。

1年目から、即戦力投手としてマウンドに立った関根さん。打撃も野手顔負けだったため、戦力の薄さをカバーすべく、登板日以外の試合に野手として出場することも多々ありました。つまり関根さんは「二刀流」の先駆けだったのです。

1年目に肩を壊したこと、さらに打線が貧弱で援護に恵まれなかったったこともあり、入団から3年間は4勝・7勝・5勝と低迷しました。しかし、そんな逆境にもめげず、4年目から10勝・16勝・14勝と3年連続で2ケタ勝利を挙げたのです。

投手としては、8年間で通算65勝94敗。繰り返しますが、「弱小チームで、野手をやりながら」これだけの数字を残したのです。

しかし、肩の具合はなかなか本来の状態に戻らず、真っ直ぐも走らなくなったことから、投手生活に見切りを付けた関根さん。1957年、球団に野手転向を申し入れ、すぐにクリーンアップを任されたというのも凄い話です。

打者としても、投手兼任時代の8年間を含め、16年間で通算1137安打を記録。投手として50勝以上、打者として1000安打以上を記録した選手は、2リーグ制以降では唯一、関根さんだけです。

また、オールスターゲームにも投手として1回、野手として4回選ばれており、投手・野手の両方で出場したのは、2014年に大谷翔平が達成するまで、長らく関根さんただ1人でした。いずれも「元祖・二刀流」として、もっと讃えられるべき記録だと思います。

プロ16年目の1965年、近鉄を離れ、セ・リーグに移籍。選手として最後にプレーしたのは巨人でした。在籍したのはこの1年だけでしたが、この年から巨人のV9がスタート。関根さんにとってはプロ野球人生で唯一味わった優勝でした。関根さんは日本シリーズにも出場。日本一も経験し有終の美を飾っています。

実はこのとき、球団から「もう1年プレーしてくれないか」と慰留されたそうですが、当時38歳。選手としての限界を感じていたのでしょう。固辞して引退。江戸っ子らしい潔い引き際でした。

そんな関根さんの野球観に深く共鳴していたのが、長嶋茂雄・巨人軍終身名誉監督でした。関根さんによると、毎晩のように長嶋家に行っては、野球談義を繰り広げていたとか。

関根さんが引退してからも、変わらず親交を深めた2人。長嶋さんが初めて巨人軍監督に就任した1975年、関根さんがヘッドコーチに招かれたのは、そんな縁があったからです。

まだまだ語り尽くせぬ、関根さんの野球人生。指導者としてのアナザーストーリーにも、稿を改めて触れてみたいと思います。ご冥福をお祈りします。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM