ニュース

DeNA・櫻井、2日に1度はブルペン「ストレートの質の確認」

無断転載禁止
DeNAの桜井周斗[提供=横浜DeNAベイスターズ]
 DeNAの櫻井周斗が20日、キャッチボール、ピッチング(40球)、体幹トレーニングなどで汗を流した。

 櫻井は自主練習期間中、一番大切にしていることについて球団を通じて、「様々な重さのボールを投げてリリースの感覚を養っています。シーズン中に調子が悪くなった時などの対応策です」とコメントし、「感覚を失わないように、2日に1度はブルペンに入って投球練習をしています。ラプソードを使用してストレートの質の確認を行っています」とのことだ。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、プロ野球は開幕無期延期となっている。そのなかで、櫻井は「漠然と一日を過ごさないように、毎日目標を設定して取り組んでいます。例えばその日の練習内容をノートに書き出して、限られた時間の中で全て終えられるように逆算して練習をしています」と1日1日を大切に過ごしている。

 また、現在新型コロナウイルス感染拡大の影響で、外出禁止となっているが、寮では「DVDなどを観てリラックスして過ごしています」とコメントし、新型コロナウイルス対策については「バランスのいい食事をとることを意識しています。サプリメントでも補っています」と明かした。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM