ニュース 2020.04.22. 17:59

シーズン防御率0点台は過去11人!その頂点に君臨する「0.73」【フォーカス・レコードホルダー】

無断転載禁止
藤本英雄が通算防御率に続いてNo.1 (C) Kyodo News

フォーカス・レコードホルダー ~防御率(シーズン)~


 「新型コロナウイルス」の問題で未だ開幕の見通しが立っていないプロ野球。前に進むことができない今こそ、過去の偉大な記録にフォーカスを当てて振り返ってみよう……ということで始まったのがこの企画。

 その名の通り、過去の記録にスポットを当て、“歴代No.1”の記録を持っている選手を中心に振り返ろう、というのがテーマ。今回取り上げるのは「シーズン防御率」。早速だが、NPBの歴代トップ10を見てみよう。


▼ 歴代最高記録・防御率(シーズン)
1位 0.73 藤本英雄 [巨人/1943]
2位 0.79 景浦 将 [タイガース/1936秋]
3位 0.81 沢村栄治 [巨人/1937春]
4位 0.88 野口二郎 [大洋/1941]
5位 0.887 林 安夫 [朝日/1943]
6位 0.889 森弘太郎 [阪急/1941]
7位 0.930 野口二郎 [翼/1940]
8位 0.931 景浦 将 [タイガース/1937春]
9位 0.97 須田 博 [巨人/1940]
10位 0.980 村山 実 [阪神/1970]


通算とあわせて二冠


 こうして見ると、シーズン防御率0点台を記録した選手が過去に10人以上もいるということがまず驚きだが、そのなかで頂点に君臨しているのが藤本英雄。通算防御率でも歴代No.1の記録を持つ大投手だ。


 プロ1年目・24歳のシーズンに無傷の10勝で防御率0.81という凄まじい成績でデビューを飾ると、2年目はエースとして56試合に登板。チームの54勝に対して一人で34勝(11敗)を挙げる大活躍を見せる。

 5月にはノーヒットノーランを達成したほか、年間19完封という不滅の大記録を打ち立て、8月から9月にかけては62イニング連続無失点という驚異的な投球を披露。432回と2/3を投げて、自責点は35。まさに完ぺきな投手だった。


 シーズン防御率のランキングを見ると、上位は1リーグ時代=1949年よりも以前の投手がほとんど。1950年以降の投手を探して見ると、トップ10では1970年の村山実(阪神)が唯一になる。

 以下を見ても、16位に1956年の稲尾和久(1.06)がいて、あとは22位に1959年の村山(1.18)、25位には1962年の村山(1.20)と続く。


 そんな中、26位と27位に突如として2010年代の投手が出現する。現在は海を渡り、ニューヨーク・ヤンキースで活躍している田中将大だ。

 田中は2011年に1.272という凄まじい防御率をマークしており、これが26位。さらに“24勝負けなし”が記憶に新しい2013年にも、防御率1.273というかつての自身に迫る好成績を残し、こちらは27位。歴史上の偉人のような伝説の投手たちの中によく知る名前があるというのは、なんだか少し嬉しい気持ちになったりもする。

 1.50を切ってくればトップ50が見えてくるというシーズン防御率。今後このランキングに割って入る投手が出てくるのか、注目だ。


▼ 藤本英雄(1943)
56試(432.2回) 34勝11敗 防御率0.73
完投39 完封勝19 無四球3
打者1664 被安打212 被本塁打3
四球168 死球1 奪三振253
暴投9 ボーク0 失点57 自責点35

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西