ニュース

西武が旧施設の思い出をリメイク?! メモリアルグッズを9日から販売

無断転載禁止

記念の品の数々が手元に


 西武は1日、メットライフドームエリアの改修工事に伴い、役目を終えた旧若獅子寮や旧室内練習場などの資材や、メットライフドームで実際に使用されていたシートなどを用いて制作したメモリアルグッズを、5月9日(土)10時から先着で販売することを発表した。

 販売するグッズは、旧若獅子寮の外壁に掲げていた看板や当時の西武第二球場のスコアボードを時計にリメイクした商品のほか、投手成績を書き込んでいたホワイトボード、メットライフドームのシートをテーブルに様変わりさせた商品、旧室内練習場で数多くの投手を見守ってきたブルペンのホームベースなど、全14種(※2021年にも追加商品を販売予定)。

 旧若獅子寮や旧室内練習場は、多くの選手が入団直後を過ごし、研鑽を積んできた思い出の場所。2002年に入寮して若獅子寮で5年を過ごした栗山巧選手も「数えきれないほどの思い出がある」と語り、「使っていた資材や備品がリメイクされて、このような形でライオンズファンの皆さまの手元に届くことはとてもうれしい」とのコメントを寄せている。

 今回の企画は、ぴあ株式会社が展開する「RE:MEMBER プロジェクト」の協力により実施。同プロジェクトに携わる高い技術を持つクリエイターの手で、一つひとつ丁寧に制作された数々のグッズは、同社の特設ウェブサイト内(https://w.pia.jp/t/seibulions-mg/)で販売されるとのこと。メモリアルグッズの販売期間は、5月9日(土)10時~7月31日(金)23時59分まで。商品は先着順で、在庫がなくなり次第販売終了。商品は9月末頃より順次発送となる見込みだ。


▼ 販売商品
【西武ライオンズ若獅子寮】
若獅子時計、若獅子寮スリッパ、若獅子時計(優勝記念ver)、若獅子寮ホワイトボード、若獅子洗濯室時計


【室内練習場・西武第二球場】
ライオンズ練習用「ロープ」キーホルダー、ライオンズ室内練習場「芝」キーホルダー、ブルペンホームベース、ライオンズ室内練習場トートバッグ、西武第二球場スコアボード時計

【メットライフドーム】
ライオンズスツール、ライオンズひじ掛けテーブル、ライオンズカップホルダー

【ライオンズストア フラッグス】
ライオンズ特製テーブル
 
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西