ニュース

西武・金子侑司が3度目の盗塁王を見据え…“水口トレーナー”と「ウエイト強化」の日々

無断転載禁止
自主練習でウエイト強化に励む金子侑司選手 <画像提供:西武ライオンズ>

ウエイト強化の狙い


 西武の金子侑司選手が7日、球団施設で自主練習を実施。ライオンズトレーニングセンターでマシン打撃を行ったあと、水口大地選手と共にウエイトルームで約1時間ほど汗を流し、「水口トレーナーと楽しく、でも直向きにやっています」と笑みを見せた。


 今回、金子が自主練習のテーマに掲げているのが「ウエイト」。この期間にウエイトに時間を割いているのは、「打つ時のインパクトの強さ」や「(走り出すときの)一歩目のスタートの力強さ」を強化するため。その先に見据えるのは当然、自身3度目の盗塁王だ。

 「今は実戦がなかなかできない。盗塁成功の感覚を養うのは難しいけど、全体練習が始まるまでにしっかり動けるようにしておくことですね」と前を向く。自宅での“おうち時間”では「入浴、半身浴をしたりマッサージをしたり」と、足のケアにも余念がない。


気になるのはやはり…?!


 昨季の“盗塁王”金子が「やっぱり意識する」と語るのが、“甲斐キャノン”の異名を持つソフトバンクの甲斐拓也捕手。昨年、甲斐相手に盗塁を試みたのは6度で、結果は3勝3敗だった。金子は甲斐を「捕ってからが速い」「とにかく(送球が)正確。投手のクイックが多少緩いなと感じても、それをカバーする力がある」と評価する。

 そんな金子が特に印象に残っているというのが、昨年のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第1戦で決めた盗塁だ。1点リードで迎えた4回裏、二死から二盗を決めたが、「スタートを切った瞬間に、ものすごい歓声が聞こえてきて、走っている間もセーフになった瞬間も、ものすごく盛り上がっていた」と振り返る。

 各球団には名だたる強肩捕手が在籍しているが、金子は「対ピッチャーで行けると思ったら行きます」と力強く語る。「盗塁を1つ成功させるのはとても難しいことだし、本当に勇気がいる。でも、リスクが多いプレーなので成功したときの嬉しさはひとしお」「あの大歓声の中で盗塁を決めたい」と笑みを見せる西武のスピードスターの活躍を、今季も楽しみに来るべき開幕を待ちたい。

 また、辻発彦監督と松井稼頭央二軍監督が自主練習を視察。辻監督は「久しぶりに選手たちの顔を直接見たけど、元気そうで良かった。自主練習なので不便なところもあるだろうけど、まずは彼らの顔を見て安心した」とのコメントを残した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西