ニュース

真中氏が挙げた監督、現役時代のベストゲームは?

無断転載禁止
14年ぶりにセ・リーグ優勝を果たし、胴上げされるヤクルトの真中監督=2日、神宮球場(c)KYODONEWS
 8日に放送された『フライデーナイタースペシャル』に出演したニッポン放送ショウアップナイター解説者の真中満氏が、監督時代と現役時代のベスト1を挙げた。

▼ 監督時代
2015年10月2日 ヤクルト-阪神(優勝を決めたゲーム)
「ここっていう試合は全部勝ったので、優勝につながった。14年ぶりでしょ。石川選手が2002年に入団なので、優勝経験の選手が本当に少なかった。若い選手を含めて、優勝の良さを味合わせたいというのがあったので、本当に嬉しかったですね。前年は最下位ではあったんですけど、小川監督が若い選手をたくさん使ってくれて実戦がつめた。その選手たちが2015年に自信をもってプレーできたということで、非常に僕の運もあったし、うまくつながりましたよね。勝てなかった選手たちが奮起して、一致団結したというシーズンでしたよね」

▼ 選手時代
2001年 近鉄日本シリーズ
「この年(の日本シリーズで)、優秀選手賞をもらったんだけど、充実した日本シリーズでした。ホームランはちょっとできすぎですけど、この年調子もよかったし、状態もよかった。貢献できるかなという思いが強いシーズンでしたね」

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM