ニュース

高野連会長が各地方の代替大会に言及「限界あるが財政的な支援はさせていただく」

無断転載禁止
聖地に球児が帰ってくる!(C)Kyodo News

開催の判断は各地区の高野連の判断


 日本高等学校野球連盟と朝日新聞社は20日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、今夏に開催予定だった『第102回 全国高等学校野球選手権大会』の中止を発表した。

 選手権大会の中止を受け、各都道府県で代替大会を開催する可能性などが模索されているが、高野連の八田英二会長は「各都道府県の高野連がどのような判断をするのかはお任せする」とコメント。日本高野連からの「要望はない」としつつ、感染防止対策などのガイドラインやこれまでの知見などに関しては「相談に乗らせていただく」とした。

 また、代替大会を開催する場合の経費などに関しても、八田会長は「限界はあるかもしれないが、財政的な支援はさせていただくということで理事会の了承を得ている」ことを明かし、朝日新聞社の渡辺雅隆社長も「色々な相談にのっていきたい。財政的な面に関しては朝日新聞社としてもできるだけ協力したい」との意向を示した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西