ニュース

巨人・山下、『右手有鈎骨鈎骨折』

無断転載禁止
巨人・山下航汰(C)Kyodo News
 巨人は21日、山下航汰が20日の打撃練習中に右手の痛みを訴え、病院で診察を受けた結果、右手有鈎骨鈎骨折と診断されたことを発表した。

 山下は18年の育成ドラフト1位で入団も、高卒1年目からファームで大活躍し、シーズン中に支配下登録選手となり、一軍では9月4日の中日戦でプロ初安打を放った。ファームでは首位打者を獲得し、2年目の今季は一軍定着に期待がかかるなかで、痛い故障離脱となった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM