ニュース

オリックス・宜保の右手有鈎骨摘出手術が完了

無断転載禁止
オリックス・宜保選手
 オリックスは22日、右手有鈎(ゆうこう)骨の疲労骨折と診断されていた宜保翔選手(19)が21日に大阪市内の病院で右手有鈎骨摘出手術を行ったことを発表した。

 今後は、数日間の入院をした後、患部の状態を確認しながらリハビリ等を行っていく予定。昨年は日本ハムの清宮幸太郎選手が開幕前に右手有鈎骨を骨折。『右手有鈎骨骨片摘出手術』を受け、一軍復帰までに3カ月程度を要している。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西