ニュース

2019年春・開幕直前の悲劇を乗り越えて…楽天・則本が挑む復活のシーズン

無断転載禁止
楽天・則本昂大

球春は突然に──


 「新型コロナウイルス」の問題により、シーズン開幕の見合わせ状態が続いているプロ野球界。依然として具体的な開幕日については公表されていないものの、トンネルの出口は着実に近づきつつある。

 感染拡大のペースも徐々に緩やかとなり、緊急事態宣言の解除も全国的に進んでいるなか、日本プロ野球の各球団は22日の12球団代表者会議を経て、改めて「6月中旬以降の開幕を目指す」という指針を確認。NPBの斉藤惇コミッショナーも、具体的な日程については「緊急事態宣言の解除が最低限の条件」としつつ、「解除されれば、できるだけ早い段階でスケジュール等々を皆さま方にお知らせできるのではないかと思っております」と、今後の進展に期待を寄せた。


 「6月中旬以降」という言葉を素直に信じるとすると、もうすでに開幕まで1カ月を切っている可能性もある。ふだんのカレンダーに置き換えれば、各球団が段々とキャンプ地から離れ、日本のいたるところでオープン戦が本格化してくる3月の頭くらいになるだろうか…。

 いよいよ近づきつつある開幕の日に向けて、ここでは各球団の「開幕投手」に再び注目。監督が発表していた、もしくは開幕投手に内定したことが何らかの形で報じられた投手の“ここまで”を振り返ってみたい。

 今回は、昨季パ・リーグ3位の楽天を取り上げる。


悔しいシーズンも復活の兆し


 三木肇新監督を迎え、昨季の3位からさらなる上位進出を目論む楽天。2月中に開幕投手の内定を得ていたのが、エースの則本昂大だ。

 大卒プロ1年目から15勝を挙げる活躍を見せ、長らくローテーション投手として活躍してきた右腕。しかし、昨季は開幕を目前にした3月に右肘を手術。これで大きく出遅れてしまい、12試合の登板で5勝5敗と、プロ入り後初めて2ケタ勝利に到達することができなかった。

 それだけでなく、2014年から5連覇中だった最多奪三振のタイトルも明け渡す形に。悔しいシーズンにはなったものの、復帰後は故障の不安を感じさせない投球を見せており、防御率は2.78と規定投球回未満とはいえ自身最高の数字を残している。


 迎えたこの春も早々と開幕投手の内定を掴むと、オープン戦では3試合・13イニングを投げて防御率1.38と圧巻の投球を披露。復活のシーズンに向けて最高の仕上がりを見せていた。やはり、今季にかける想いは相当に強い。

 昨年のシーズン中に異例の7年契約を結び、事実上の"生涯楽天"もして挑む2020年。もう一度、鷲の背番号14がエースとしての真価を見せる時…。まずは開幕戦で、岩隈久志の球団記録に並ぶ6度目の大役を務め上げ、チームに勢いを呼び込みたい。


▼ 楽天・ここ10シーズンの開幕投手

2010年(●)岩隈久志[28試 10勝 9敗 防2.82]
2011年(○)岩隈久志[17試 6勝 7敗 防2.42]
2012年(●)田中将大[22試 10勝 4敗 防1.87]
2013年(●)則本昂大[27試 15勝 8敗 防3.34]
2014年(○)則本昂大[30試 14勝10敗 防3.02]
2015年(●)則本昂大[28試 10勝11敗 防2.91]
2016年(○)則本昂大[28試 11勝11敗 防2.91]
2017年(-)美馬 学[26試 11勝 8敗 防3.26]
2018年(-)則本昂大[27試 10勝11敗 防3.69]
2019年(-)岸 孝之[15試 3勝 5敗 防3.56]

2020年(予想)則本昂大【2年ぶり6度目】


則本昂大



ポジション:投手
投打:右投左打
身長/体重:178センチ/82キロ
生年月日:1990年12月17日
経歴:八幡商高-三重中京大-楽天
[昨季成績] 12試(68.0回) 5勝5敗 奪三67 防2.78
[通算成績] 177試(1196.1回) 80勝63敗 奪三1245 防3.05

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西