ニュース

移籍2年目で掴む大役 阪神・西勇輝が歩む“虎のエース”への道

無断転載禁止
阪神・西勇輝

球春は突然に──


 「新型コロナウイルス」の問題により、シーズン開幕の見合わせ状態が続いているプロ野球界。依然として具体的な開幕日については公表されていないものの、トンネルの出口は着実に近づきつつある。

 感染拡大のペースも徐々に緩やかとなり、緊急事態宣言の解除も全国的に進んでいるなか、日本プロ野球の各球団は22日の12球団代表者会議を経て、改めて「6月中旬以降の開幕を目指す」という指針を確認。NPBの斉藤惇コミッショナーも、具体的な日程については「緊急事態宣言の解除が最低限の条件」としつつ、「解除されれば、できるだけ早い段階でスケジュール等々を皆さま方にお知らせできるのではないかと思っております」と、今後の進展に期待を寄せた。


 「6月中旬以降」という言葉を素直に信じるとすると、もうすでに開幕まで1カ月を切っている可能性もある。ふだんのカレンダーに置き換えれば、各球団が段々とキャンプ地から離れ、日本のいたるところでオープン戦が本格化してくる3月の頭くらいになるだろうか…。

 いよいよ近づきつつある開幕の日に向けて、ここでは各球団の「開幕投手」に再び注目。監督が発表していた、もしくは開幕投手に内定したことが何らかの形で報じられた投手の“ここまで”を振り返ってみたい。

 今回は、昨季セ・リーグ3位の阪神を取り上げる。


メッセからのバトンを受けて…


 矢野燿大新監督の下、負けたら終わりの状況から神がかり的な連勝でクライマックスシリーズ進出を果たした阪神。指揮官が2年目の開幕を託すのが、加入2年目の西勇輝だ。

 2018年のオフにFAで阪神に移籍した右腕。なかなか味方の援護に恵まれない不運もありながら、1年目からしっかりとローテーションを守って2ケタ・10勝をマーク。球団の投手史上初のゴールデングラブ賞を受賞するなど、「阪神の西」としてインパクトを残すことに成功した。

 今春は状態も良く、オープン戦では3戦3勝、10イニングを投げて防御率0.90という圧巻のパフォーマンスを披露。加入2年目にして早くも開幕投手の座を射止め、その開幕は延期となってしまったものの、指揮官からは「変えるつもりはない」とのコメントが。開幕がいつになっても、相手がどのチームであっても、信頼は不変ということだ。


 阪神の開幕投手と言えば、ランディ・メッセンジャーがこの10年のうち6度も担当。本人もこの"大役"には強いこだわりをもっていた。

 しかし、昨季もその役割を務めた右腕だったが、故障もあって昨シーズン限りで電撃引退。虎のエースの座は今ぽっかりと空いてしまっている。

 思えば、2015年から毎年チームの"第1球"を投じてきた男。その重いバトンを引き継いで、新たな虎のエースとして自身の立ち位置を不動のものとすることができるか…。2020年代・阪神の"第1球"を任される西勇輝から目が離せない。


▼ 阪神・ここ10シーズンの開幕投手

2010年(○)安藤優也[19試 2勝 3敗 防7.27]
2011年(○)能見篤史[29試 12勝 9敗 防2.52]
2012年(-)能見篤史[29試 10勝10敗 防2.42]
2013年(○)メッセンジャー[30試 12勝 8敗 防2.89]
2014年(●)能見篤史[26試 9勝13敗 防3.99]
2015年(-)メッセンジャー[29試 9勝12敗 防2.97]
2016年(●)メッセンジャー[28試 12勝11敗 防3.01]
2017年(○)メッセンジャー[22試 11勝 5敗 防2.39]
2018年(○)メッセンジャー[28試 11勝 7敗 防3.63]
2019年(-)メッセンジャー[14試 3勝 7敗 防4.67]

2020年(予想)西 勇輝【2年ぶり2度目】 ※オリックス時代に1度


西 勇輝



ポジション:投手
投打:右投右打
身長/体重:181センチ/82キロ
生年月日:1990年11月10日
経歴:菰野高-オリックス-阪神
[昨季成績] 26試(172.1回) 10勝8敗 奪三112 防2.92
[通算成績] 235試(1391.2回) 84勝73敗 奪三1052 防3.25

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西