ニュース

移籍1年目の大役は…? ロッテの開幕投手は「白紙」の状態

無断転載禁止
ロッテ・美馬学

球春は突然に──


 「新型コロナウイルス」の問題により、シーズン開幕の見合わせ状態が続いているプロ野球界。依然として具体的な開幕日については公表されていないものの、トンネルの出口は着実に近づきつつある。

 感染拡大のペースも徐々に緩やかとなり、緊急事態宣言の解除も全国的に進んでいるなか、日本プロ野球の各球団は22日の12球団代表者会議を経て、改めて「6月中旬以降の開幕を目指す」という指針を確認。NPBの斉藤惇コミッショナーも、具体的な日程については「緊急事態宣言の解除が最低限の条件」としつつ、「解除されれば、できるだけ早い段階でスケジュール等々を皆さま方にお知らせできるのではないかと思っております」と、今後の進展に期待を寄せた。


 「6月中旬以降」という言葉を素直に信じるとすると、もうすでに開幕まで1カ月を切っている可能性もある。ふだんのカレンダーに置き換えれば、各球団が段々とキャンプ地から離れ、日本のいたるところでオープン戦が本格化してくる3月の頭くらいになるだろうか…。

 いよいよ近づきつつある開幕の日に向けて、ここでは各球団の「開幕投手」に再び注目。監督が発表していた、もしくは開幕投手に内定したことが何らかの形で報じられた投手の“ここまで”を振り返ってみたい。

 今回は、昨季パ・リーグ4位のロッテを取り上げる。


もう一度、アピールを…


 昨季は楽天との熾烈な3位争いに敗れ、クライマックスシリーズ進出を逃したロッテ。逆襲を期す今季はFAで獲得した美馬学が開幕投手に内定していたが、開幕の延期もあって井口資仁監督は「白紙」とした。

 節目のプロ10年目を新天地で迎える美馬。2ケタ勝利はキャリアで1度のみだが、4度の規定投球回到達を記録しているように「イニングを計算できる」点が最大の強み。新天地でもローテーションの軸としてフル回転が求められており、指揮官もそれを見越して2月中に開幕投手を任せることを発表していた。

 しかし、この春は3月頭のオープン戦を体調不良で回避すると、オープン戦の登板は3月13日の1度きり。以降は脇腹の状態を不安視する声も聞かれ、さらに開幕がいつになるか分からないという情勢も重なり、井口監督からは4月の時点で「すべて振り出しかな」というコメントが。ローテーションについては、一旦白紙の状態にして考え直すことを示唆した。


 それでも、美馬は4月から自主練習で元気な姿を見せており、このところは投球練習にも力を入れている。開幕に向けて、状態に不安は一切ない。

 実績豊富な石川歩に、若く勢いのある種市篤暉、背番号18への変更で燃える二木康太ら開幕投手の座を争うライバルは多いが、一度は“内定”を得ていることからも分かるように、その能力と経験値を含めた総合力には首脳陣も一目置いているということ。あとはコンディション面でしっかりとアピールができるかにかかってくる。

 ちなみに、FA加入1年目に開幕投手を務めると、1995年の工藤公康(西武→ダイエー)、2000年の星野伸之(オリックス→阪神)に次いで史上3人目のことになるという。プロ10年目、新天地での一歩を良い形で踏み出すことができるだろうか。


▼ ロッテ・ここ10シーズンの開幕投手

2010年(●)成瀬善久[28試 13勝11敗 防3.31]
2011年(●)成瀬善久[26試 10勝12敗 防3.27]
2012年(○)成瀬善久[28試 12勝11敗 防2.83]
2013年(-)成瀬善久[14試 6勝 4敗 防3.00]
2014年(●)成瀬善久[23試 9勝11敗 防4.67]
2015年(○)涌井秀章[28試 15勝 9敗 防3.39]
2016年(○)涌井秀章[26試 10勝 7敗 防3.01]
2017年(●)涌井秀章[25試 5勝11敗 防3.99]
2018年(-)涌井秀章[22試 7勝 9敗 防3.70]
2019年(-)石川 歩[27試 8勝 5敗 防3.64]

2020年(予想)美馬 学【3年ぶり2度目】 ※楽天時代に1度


美馬 学



ポジション:投手
投打:右投右打
身長/体重:169センチ/75キロ
生年月日:1986年9月19日
経歴:藤代高-中大-東京ガス-楽天-ロッテ
[昨季成績] 25試(143.2回) 8勝5敗 奪三112 防4.01
[通算成績] 185試(987.1回) 51勝60敗 奪三700 防3.82

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西