ニュース

もう一度、エースの座に返り咲く 中日・大野雄大の重要な一年

無断転載禁止
中日・大野雄大

球春は突然に──


 「新型コロナウイルス」の問題により、シーズン開幕の見合わせ状態が続いているプロ野球界。依然として具体的な開幕日については公表されていないものの、トンネルの出口は着実に近づきつつある。

 感染拡大のペースも徐々に緩やかとなり、緊急事態宣言の解除も全国的に進んでいるなか、日本プロ野球の各球団は22日の12球団代表者会議を経て、改めて「6月中旬以降の開幕を目指す」という指針を確認。NPBの斉藤惇コミッショナーも、具体的な日程については「緊急事態宣言の解除が最低限の条件」としつつ、「解除されれば、できるだけ早い段階でスケジュール等々を皆さま方にお知らせできるのではないかと思っております」と、今後の進展に期待を寄せた。


 「6月中旬以降」という言葉を素直に信じるとすると、もうすでに開幕まで1カ月を切っている可能性もある。ふだんのカレンダーに置き換えれば、各球団が段々とキャンプ地から離れ、日本のいたるところでオープン戦が本格化してくる3月の頭くらいになるだろうか…。

 いよいよ近づきつつある開幕の日に向けて、ここでは各球団の「開幕投手」に再び注目。監督が発表していた、もしくは開幕投手に内定したことが何らかの形で報じられた投手の“ここまで”を振り返ってみたい。

 今回は、昨季セ・リーグ5位の中日を取り上げる。


再びエースの座を取り戻せ


 与田剛新監督の下、“強竜復活”をめざして戦った2019年は5位。それでも、チーム守備率は.992でリーグの新記録を樹立。新たな力の台頭などもあって、決して暗い話題だけのシーズンではなかった。その中でも明るいニュースのひとつと言えば、大野雄大の復活だろう。

 2010年のドラフト1位で中日に入団した左腕は、2013年から3年連続で2ケタ勝利をマークするなどローテーションの中心に君臨していたのだが、ここ数年は故障などもあって低迷。2018年は6試合の登板で0勝3敗、一軍未勝利に終わるなど、苦しい想いを味わっていた。

 ところが、昨年は5月の広島戦で完封勝利を挙げると、9月14日の阪神戦ではノーヒットノーランも達成。2年ぶりに規定投球回にも達し、勝ち星こそ2ケタに届かず「9」だったものの、防御率2.58で自身初タイトルとなる最優秀防御率も獲得。完全復活を遂げている。


 キャンプ中に与田監督から開幕投手を任されることも通達され、いよいよ今季は「エース・大野」として迎える久々のシーズンに。オープン戦では4試合・14回1/3を投げて防御率は7.53。3月7日の楽天戦で4回7失点を喫したのが大きく響いているとはいえ、やや不安な面も覗かせた。

 それでも、開幕の延期を前向きに捉えてじっくりと調整。21日にナゴヤドームで練習が再開された際にも元気な姿を見せており、ブルペン投球なども行って徐々にペースアップ。“開幕”に向けた準備を進めている。

 1年限りの“復活”では終われない。ここからもう一度エースの座を守っていくために、2020年は大事な年になる。


▼ 中日・ここ10シーズンの開幕投手

2010年(●)吉見一起[25試 12勝 9敗 防3.50]
2011年(-)ネルソン[31試 10勝14敗 防2.54]
2012年(○)吉見一起[19試 13勝 4敗 防1.75]
2013年(-)吉見一起[ 6試 1勝 4敗 防4.71]
2014年(-)川上憲伸[ 6試 1勝 2敗 防4.78]
2015年(-)山井大介[33試 4勝12敗 防3.92]
2016年(○)大野雄大[19試 7勝10敗 防3.54]
2017年(●)大野雄大[24試 7勝 8敗 防4.02]
2018年(●)小笠原慎之介[17試 5勝 6敗 防4.11]
2019年(-)笠原祥太郎[ 8試 3勝 2敗 防5.71]

2020年(予想)大野雄大【3年ぶり3度目】


大野雄大



ポジション:投手
投打:左投左打
身長/体重:183センチ/83キロ
生年月日:1988年9月26日
経歴:京都外大西高(甲)-佛教大-中日
[昨季成績] 25試(177.2回) 9勝8敗 奪三156 防2.58
[通算成績] 162試(1049.2回) 58勝61敗 奪三812 防3.31

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西