ニュース

ヤクルト・宮出コーチは“バレの抜けた穴”をどう考えてる?

無断転載禁止
ソフトバンクのバレンティン (C) Kyodo News
 23日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 東京ヤクルトスワローズ開幕へのメッセージ』に出演したヤクルトの宮出隆自ヘッドコーチが、バレンティンの抜けた穴について語った。

 バレンティンが長年ヤクルトの攻撃の中心を担い、昨季も33本塁打、93打点の活躍を見せた。長打が打てる選手の退団は、チームにとってかなり痛い。

 宮出コーチも「正直数字だけ見れば、すごいバッターだったので痛いと思います」と話す。

 ただ、この退団を宮出コーチは前向きに捉えている。「チームが変わっていくところでも、新しい選手であったり戦い方、いろんなことを踏まえて少しずつ変わっていかないといけないのかなと。若い選手もチャンスがたくさん出てきていますし、いい競争意識がうまれて、プラスバレンティンになかった部分をしっかり使える選手が出てくれればいいなと思っています」。バレンティンが抜けた穴を、若手選手たちが補ってくれることを期待した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM