ニュース

西武の新1番候補がアピール 金子1安打1打点、スパンジェンバーグ2点適時打

無断転載禁止
西武のスパンジェンバーグ

メジャー移籍の秋山に代わる1番打者争い


 西武は30日、6イニング制の紅白戦を行い、両軍の1番打者が結果を残した。試合は3-1で白組が勝利した。

 まずは紅組の「1番・中堅」で出場した金子。初回は白組先発・今井の前に空振り三振に倒れたが、4回は再び先頭打者として2度目の打席に入り、白組2番手・与座から左前打を放った。0-3と3点を追う6回は、一死一、三塁の好機で再び与座と対峙。外角に逃げていくボールにうまくバットを合わせ、これが紅組唯一の得点となる左犠飛になった。

 金子は3打席を消化し、2打数1安打、1打点1三振を記録。犠飛については「打ったのはシュートだったかな、という感じです。しっかりと打点をあげることができましたので良かったです」と振り返った。

 白組の「1番・左翼」で出場した新外国人のスパンジェンバーグは、紅組先発・松本の前に第1、第2打席ともに空振り三振。それでも1-0で迎えた4回、一死満塁の好機で紅組2番手・武隈と対峙し、右前へ2点適時打を放った。スパンジェンバーグも3打席を消化し3打数1安打、2打点2三振の成績。適時打については「打ったのはたぶんチェンジアップ。タイミングを合わせてうまく打つことができた。ランナーを返すことができ、チームに貢献できて良かったね」と話した。

 西武は不動のリードオフマン・秋山がMLBのレッズへ移籍。新1番は今季の重要ポイントだ。またこの試合、白組の「9番・右翼」で出場した熊代が2安打、同じく白組の「8番・中堅」で出場した鈴木も、鋭い当たりを連発するなど3打数1安打とアピールした。白組の「5番・指名打者」で出場し、初回に先制打を放った栗山、さらに木村や川越も含め、外野のレギュラー争いにも注目が集まる。

 紅白戦のスタメンは以下の通り。

●紅組
1番:金子(中)
2番:木村(右)
3番:森(捕)
4番:中村(三)
5番:川越(左)
6番:呉(一)
7番:山野辺(二)
8番:森越(遊)
9番:柘植(指)
先発投手:松本

●白組
1番:スパンジェンバーグ(左)
2番:源田(遊)
3番:外崎(二)
4番:山川(一)
5番:栗山(指)
6番:岡田(捕)
7番:水口(三)
8番:鈴木(中)
9番:熊代(右)
先発投手:今井
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西