ニュース

元燕・ブキャナンが連勝! 7回1失点の好投でチームトップタイ3勝目

無断転載禁止
ヤクルトに3シーズン所属していたブキャナン

序盤のピンチ切り抜け自身2連勝


 韓国プロ野球、サムソンライオンズのデービッド・ブキャナン投手が30日、本拠地・テグで行われたNCダイノス戦に先発登板し、7回3安打1失点の好投で今季3勝目(2敗)を挙げた。

 この日は初回に2四死球を与えるなどして、いきなり満塁のピンチを招いたが、この窮地をなんとか無失点で脱出。1点リードの4回に連打で二・三塁とされ、内野ゴロの間に同点を許すも、直後に味方打線が勝ち越し、勝利投手の権利を持ったまま7回(105球)、被安打3、与四死球4、失点1の内容で降板した。

 チームは直後に大量得点でリードを拡げ4連勝。試合前の時点で10チーム中8位と低迷していたが、リーグ首位を走るNCダイノスに連勝でカード勝ち越しを決め、ブキャナンは前回登板から2連勝となった。

 これでブキャナンの今季成績は登板5試合(32回)で3勝2敗、防御率4.50。序盤に打ち込まれる試合もあったが、30日の時点でチームトップタイの勝ち星を挙げている。


【ブキャナンの今季成績】
▼ 5月7日 NCダイノス戦 0勝1敗
6回 被安打6 与四死2 奪三振2 失点5

▼ 5月13日 キウムヒーローズ戦 1勝1敗
7回 被安打2 与四死1 奪三振8 失点0

▼ 5月19日 LGツインズ戦 1勝2敗
5回 被安打10 与四死4 奪三振1 失点10

▼ 5月24日 トゥサンベアーズ戦 2勝2敗
7回 被安打9 与四死1 奪三振5 失点0

▼ 5月30日 NCダイノス戦 3勝2敗
7回 被安打3 与四死4 奪三振3 失点1
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西