ニュース

里崎氏、4回3失点の巨人・戸郷は「内容は良かった」

無断転載禁止
巨人の高卒2年目・戸郷翔征 (C) Kyodo News
 巨人の2年目・戸郷翔征が2日、西武との練習試合に登板し、4回を投げて6安打、7奪三振、2四球、3失点という内容だった。

 6回からマウンドにあがった戸郷は、1イニング目は無失点に抑えたが、2イニング目の7回に外崎修汰に2ラン、8回に金子侑司に適時二塁打を浴びた。

 4回3失点だったが、ニッポン放送で部分的に放送された巨人-西武戦の練習試合で解説を務めた里崎智也氏は、戸郷の投球について「点を取られましたけど、内容は良かったと思いますね」と話した。

 また、里崎氏は投手陣が練習試合で失点したとしても、「投手は試しているところもあると思うので、打たれたからといって悲観することもない。四球を出すのはよくないですが、投げている球で打たれているのは、試している部分もあると思います」と解説した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM