ニュース

井端氏が語る“無観客試合”による選手の影響は?

無断転載禁止
無観客試合となった楽天とのオープン戦で本塁打を放ち、ホームに向かうロッテ・井上晴哉選手=ZOZOマリンスタジアム
 5月29日に放送された『フライデーナイタースペシャル』に出演したニッポン放送ショウアップナイター解説者の井端弘和氏が、無観客試合について言及した。

 プロ野球は3月20日に開幕が予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、交流戦が中止となり、6月19日に開幕が延期となった。プロ野球は6月2日から始まった練習試合、開幕してからもしばらくは無観客で行っていく予定だ。

 井端氏は「練習試合、オープン戦で(無観客試合を)経験していると思いますけど、公式戦になってプレッシャーがかかったところで、お客さんの声援に勇気付けられて打席に立つこともある。それがどう転ぶかですよね」と話す。

 「お客さんがいなくてホッとできる選手もなかにはいると思いますし、お客さんに勇気付けられて、元気づけられる選手もいたと思う。僕からしたらお客さんがいなくて打席に立ったときに、同じ状況でもお客さんがいないとテンションが下がると思う。お客さんあってのプロ野球だなと思いますし、お客さんがいれば選手はより一層良いプレーに結びつくんだと思います」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM