ニュース

江本氏が「前半は巨人、DeNA、ヤクルト」が有利と話すワケ

無断転載禁止
巨人の本拠地・東京ドーム
 5日に放送された『フライデーナイタースペシャル』に出演したニッポン放送ショウアップナイター解説者の江本孟紀氏が、セ・リーグについて言及した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、プロ野球の開幕は6月19日に変更となった。江本氏が「これは戦力がどうこう言う前に、日程ですよ」と話すように、セ・リーグは開幕直後、首都圏を中心に行い、中日は本拠地・ナゴヤドームで6月26日、広島は本拠地・マツダスタジアムで7月3日、阪神は本拠地・甲子園での試合は7月7日が初戦となる。

 江本氏は3位に予想している阪神について、「阪神はうまくいったら乗り切るでしょうけど、この日程はきついと思う」と指摘。

 一方、首都圏を本拠地に置く球団については「前半でいうと巨人、DeNA、ヤクルトは有利です。なぜかというと、コロナ騒動で気をとられる選手も、それを和らげるのは家からくる選手ですよ。これは意外と影響すると思います」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM