ニュース

楽天・松井が3回無失点! 課題の立ち上がりもテンポよく好投

無断転載禁止
楽天・松井裕樹

春先乱調も順調ぶりアピール


 楽天の松井裕樹投手が6日、ZOZOマリンスタジアムで行われているロッテとの練習試合に先発登板し、3回(41球)を投げて被安打1、与四球1、無失点と好投した。



 初回、先頭の福田秀平を高めの直球で空三振とすると、続く荻野貴司は高めからカーブを落として見三振。3番・清田育宏の打球は快音を残したが、三塁の正面をつき三者凡退に片付けた。

 2回は四球、3回は福田秀に中前打を許して走者を背負うも、崩れることなくゼロ行進。打者11人に対して4つの三振を奪うなど、キレあるボールを投げ込んだ。

 今季から先発再転向をめざす松井は、オープン戦で4試合(9回)防御率7.00、二軍戦でも大量失点するなど、立ち上がりに不安を残す投球が続いていた。それでも、自粛期間を経て試合再開後初登板となったこの日は、課題の立ち上がりもテンポよく投球。持ち前の躍動感あるピッチングで、開幕ローテ入りへアピールした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西