ニュース 2020.06.10. 15:12

ヤクルト吉田大喜、3回2失点で降板 送球が後頭部に当たるハプニングも

無断転載禁止

開幕ローテ入り狙うも決めて欠く


 ヤクルトのドラフト2位・吉田大喜投手(22)が日本ハムとの練習試合(神宮)に先発登板し、3回5安打2失点の内容で降板した。

 初回は一死一、二塁のピンチを背負うも、4番・中田を右飛に退けるなど無失点スタート。2回は6番・清宮を三飛に仕留めるなど3者凡退で終えた。

 しかし1点リードで迎えた3回、連打を浴びるなど一死一、二塁のピンチを招くと、3番・王に右翼線を襲う適時二塁打を浴び同点に追いつかれた。続く中田は二塁後方への飛球に打ち取ったものの、この打球で三走・西川がタッチアップ。相手の好走塁もあり1-2と逆転された。

 その後、二死一、三塁となり、6番・清宮を見逃し三振に仕留め3つ目のアウトを奪ったが、同時に一塁走者がスタートしていたため、女房役の嶋は二塁に送球。これが吉田の後頭部に当たった。一瞬ヒヤリとしたが、吉田は嶋と会話をしながらベンチへ。3回55球、5安打2失点、1奪三振1四球の内容でマウンドを降りた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西