ニュース 2020.06.10. 21:12

広島、17安打15得点で阪神に大勝 メヒア&堂林が満塁弾、九里6回0封の快投

無断転載禁止
広島のアレハンドロ・メヒア(左)と堂林翔太
○ 広島 15 - 1 阪神 ●
<6月10日・マツダスタジアム>

 広島が阪神との練習試合に大勝。打線が17安打15得点と爆発した。

 広島は初回、阪神先発・ガンケルを攻め2番・菊池涼、3番・西川、4番・鈴木誠の3連打で一死満塁の好機を作ると、練習試合再開後、絶好調の5番・メヒアが、先制となるグランドスラムを左翼席後方へ運んだ。4回も鈴木誠の二塁打などで二死満塁とし、今度は7番・堂林が満塁弾を左翼席へ。効果的な2発で3回までに8点を奪った。

 5回は阪神2番手・高野を攻め、8番・田中広の適時二塁打、9番・高橋大の右犠飛で2ケタ10得点に到達。6回も続投した高野の連打を浴びせ、堂林、田中広、高橋大、1番・ピレラの4連続適時打などで一気の5点を加えた。

 広島は6回までに先発野手全員安打をマーク。満塁弾含む5打点を記録した堂林を筆頭に、菊池涼、西川、鈴木誠、田中広と、計5選手がマルチ安打を記録した。

 投げては先発の九里が6回78球、2安打無失点の快投。右腕は3日の阪神戦(甲子園)でも4回無失点と好投しており、これで大瀬良、K.ジョンソン、床田、ドラフト1位・森下に続く開幕ローテ要員に大きく近づいた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西