ニュース 2020.06.14. 21:45

「バーチャル交流戦」3日目 山賊が『eBASEBALL』でも大暴れ!7発・10得点の快勝

無断転載禁止
(C) Nippon Professional Baseball / (C) Konami Digital Entertainment

中止となった「交流戦」をバーチャルで!


 一般社団法人日本野球機構(以下、NPB)と株式会社コナミデジタルエンタテインメント(以下、 コナミ)がタッグを組んで開催する『日本生命 “バーチャル”セ・パ交流戦 powered by eBASEBALL』が、6月12日(金)に開幕。3日目となる14日は中日-ソフトバンク、広島-西武の2試合が行われた。


 新型コロナウイルスの問題により、残念ながら今年は開催が中止となってしまった「日本生命 セ・パ交流戦」…。

 しかし、それを幻のまま諦めるのではなく、開幕を待ちわびているプロ野球ファンに楽しんでもらうのはもちろんのこと、新型コロナウイルス感染症対策に取り組んでいる方々への感謝の思いも込めた特別企画として、実際の交流戦も特別協賛として支えている日本生命保険相互会社の賛同も力に、今回の『日本生命 “バーチャル”セ・パ交流戦 powered by eBASEBALL』が実現した。


投手戦から点の取り合いへ


 第2試合は、昨季4位からの巻き返しを目指す広島と、リーグ連覇中でありながら2年続けて日本シリーズ出場を逃している西武のマッチアップ。広島は高卒3年目の山口翔、西武は高卒6年目の髙橋光成という期待の若き右腕による投げ合いとなった。


 両投手が踏ん張り、試合は3回までスコアレス。しかし、4回に西武が山川穂高の一発で先取点を取ると、そこから一気に試合が動き出す。

 先制された広島は直後の4回裏、安部友裕と野間峻祥の連続適時打で逆転。しかし、西武も今度は直後の5回表に川越誠司が代打逆転2ラン。かと思えば、すかさず広島も西川龍馬の適時打で同点。

 広島はつないで、西武は一発で得点を奪い合い、3-3の同点で前半5回を終えた。

 




“山賊打線”が爆発


 点の取り合いなら、やはり西武が誇る“山賊打線”のお家芸。

 6回、中村剛也のソロで勝ち越しに成功すると、7回には今季から主将に就任した源田壮亮に一発が飛び出し、3ランで大きな大きな3点を追加。

 広島も7回にアレハンドロ・メヒアがバックスクリーンに叩き込んで1点を返すも、西武は直後の8回に森友哉・中村剛也の大阪桐蔭コンビが連続本塁打。さらに9回には源田が2打席連続となる本塁打を放って勝負あり。

 計12安打・7本塁打を放った西武が10-4で快勝。バーチャルの世界でも打線がその威力を見せつけた。





▼ 試合結果
広島(徳田直也) 4 - 10 西武(前田恭兵)


試合配信日程


・6月15日(月)20時00分~
1. ソフトバンク - 巨人(PayPayドーム)
2. 西武 - 阪神(メットライフ)

OB解説=里崎智也
実況=槙嶋範彦


・6月16日(火)20時00分~
1. 日本ハム - 中日(札幌ドーム)
2. ロッテ - 広島(ZOZOマリン)

OB解説=ギャオス内藤
実況=清水久嗣(1)、槙嶋範彦(2)


・6月17日(水)20時00分~
1. オリックス - ヤクルト(京セラD大阪)
2. 楽天 - DeNA(楽天生命パーク)

OB解説=真中満
実況=清水久嗣(1)、槙嶋範彦(2)


☆視聴はコチラ
・NPB eスポーツ公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC2QZ_00ZrbRv_LiXIulpk1w

・KONAMI公式チャンネル
https://www.youtube.com/user/KONAMI573ch

・OPENREC.tv
https://www.openrec.tv/user/KONAMI573ch


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西