ニュース 2020.06.20. 17:31

阪神・ボーアの7回の打席に川相氏「直球にピクリともしなかった」

無断転載禁止
阪神のジャスティン・ボーア
2020.06.20 14:00
読売ジャイアンツ 11 終了 1 阪神タイガース
東京ドーム
 阪神の新外国人・ボーアが、2度の満塁の好機を生かすことができなかった。

 ボーアは0-1の3回二死満塁で迎えた第2打席、巨人の先発左腕・田口麗斗の変化球に二ゴロ。1-3の7回の第4打席も、二死満塁の場面、1ボールから3球連続速球系の球に手が出ず見逃し三振。

 20日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』で解説を務めた川相昌弘氏は、7回二死満塁で見逃し三振に倒れた場面に「ストレート3球だったんですけど、左ピッチャーということでボーアは変化球待ち。それを炭谷がきっちり裏をかいて、反応を見ながら、田口のときからそうだったんですけど、ストレート3球で決まりましたね」と指摘。

 実況を務めた煙山光紀アナウンサーが「スライダー待ちがバレていましたか?」と話しかけると、川相氏は「そんな感じだったですね。ストレートにピクリともしなかったので、続けてストレートを投げたんじゃないかなと思います」と分析していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM