ニュース 2020.06.22. 16:00

プロ野球が7月10日から有観客試合を行う方針へ「お客様を入れながらやっていく」

無断転載禁止
photo by KYODO NEWS IMAGES

各自治体と調整し、最大でも5000人程度


 日本野球機構(NPB)とJリーグが設立した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第10回目が22日、Web会議システムにて実施。会議後に行われたオンライン会見でNPBの斉藤惇コミッショナーが、7月10日(金)から入場人数に制限を設けた有観客試合を行う方針を示した。

 斉藤コミッショナーは、引き続き状況を注視していく必要性を示しつつ、「7月10日からお客様を入れながらやっていく宣言をしていいという言葉もいただいた」とコメント。政府の方針では、7月10日から上限5000人の観客を入れることが可能となり、その後の状況次第で8月1日以降は収容人数の50%までは入場可能となる。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 感染状況に地域差があることもあり、どの程度の観客を入れるのかは、各球団が地方自治体と相談したうえで決定する見込み。また、観客動員数に向け、専門家チームの座長を務める東北大の賀来満夫名誉教授は、スタジアムを訪れた人が最低限の手洗い・マスクの着用などを行う。大声を出さないなど、新型コロナウイルスの収束までの新たな応援スタイルを構築することが重要になると指摘した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西