ニュース

2年連続の“キング”西武・山川に待望の一発! 相手は皮肉?にも鷹・石川

無断転載禁止

ツイッターでやり取りした相手から一発


 西武の山川穂高選手が24日のソフトバンク戦で今季の第1号となる本塁打をバックスクリーン右横に放り込んだ。

 西武の先発・今井達也投手が初回に4点を失う展開となったが、その裏に2番・源田壮亮選手、3番・森友哉選手の連打で一死一二塁とすると、フルカウントからの投じられたソフトバンク・石川柊太投手のストレートをセンター方向に弾き返した。

 山川は「打った瞬間はどうかな、という感触」だったと振り返ったが、ボールはそのままバックスクリーン右横の右翼席に着弾。4点差を一気に1点差にまで縮める価値ある一発に「あの場面で打てて良かったです!」と満足感を示した。

 山川は今月5日に、自身がホームラン直後に行った左翼席への“どすこい”パフォーマンスのツイートを引用し、「どすこいはどこに向かってやるのが正解でしょう。笑」と、無観客試合で行う難しさをツイート。すると、これに反応したソフトバンクの石川が「ピッチャーですかね。」とリプライし、山川が「こら笑笑笑」と返すやり取りが行われていた。


 本塁打を放った山川はいつも通り、本来であれば西武ファンが陣取る左翼席に向けて今季の初“どすこい”を披露。被弾した石川も今季の第1号を献上することになるとは夢にも思わなかっただろう。

 山川は1点差で迎えた3回にも試合を振り出しに戻す犠飛を放つなど、5回までに4打点の活躍を見せた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西