ニュース 2020.06.24. 21:20

ヤクルト、快勝で連敗ストップ 好投スアレス初勝利、上位3人で計10出塁

無断転載禁止
ヤクルト・スアレス
2020.06.24 18:00
東京ヤクルトスワローズ 6 終了 1 阪神タイガース
神宮
○ ヤクルト 6 - 1 阪神 ●
<2回戦・神宮>

 ヤクルトは投打が噛み合い連敗ストップ。6回1失点(自責点0)で今季初勝利を挙げた先発・スアレスの好投が光った。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 ヤクルトは初回、阪神先発・ガンケルを攻め無死満塁の好機を作ると、4番・村上の一ゴロの間に先制。その後も5番・雄平の左犠飛、6番・山崎の左前適時打で3-0とリードを広げた。2点差に詰め寄られた5回は、前の回に手痛い走塁ミスがあった山崎が、この試合3安打目となる適時打を左前へ。さらに7番・エスコバーの三ゴロの間に5点目を加えた。

 6回には1番・坂口が今季1号ソロを右翼席へ。坂口は一発含む2安打1四球で計3出塁、2番・山田哲も2安打1四球で3出塁、3番・青木は2安打2四球で4出塁をマークし、上位の3選手だけで計10出塁を記録した。

 スアレスは序盤からストライク先行の投球。3回はバックの失策がらみで無死一、三塁のピンチを招いたが、併殺間の1失点のみで凌いだ。4回以降は3イニング連続の3者凡退。3回途中から11打者連続アウトをマークし、6回85球、2安打1失点(自責0)、4奪三振2四死球の好投で今季初勝利を手にした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西