ニュース

ソフトバンクが“チームオランダ”の活躍で連勝

2020.06.25 18:00
埼玉西武ライオンズ 2 終了 4 福岡ソフトバンクホークス
メットライフ

バレンティンが2打席連発で同胞を援護


 ソフトバンクが効果的な一発と先発したバンデンハークの好投もあり、西武相手に4-2で勝利し、連勝を飾った。


 ソフトバンクは2回、「自分のポイントに来た球はしっかりと強いスイングをしようと思っていた」というバレンティン選手が、西武・本田圭佑投手の甘く入ったスライダーを左翼席へ運び、先手を奪うことに成功。すると4回にもバレンティンが、「簡単なボールではなかったけど、完璧に捉えることができた」と振り返った2打席連続となる特大の一発で加点した。

 さらに6回、この回の先頭打者だった“左腕キラー”の川島慶三選手が西武の2番手、ルーキー左腕の浜屋将太投手からソロを放ってリードを広げる。投げては、先発のバンデンハーク投手が7回まで無安打1四球のノーヒットピッチングを披露。「ストライク先行で真っすぐで攻めていくプランを実行できた」との言葉通り、球数も少なく完ぺきな投球内容だった。

 しかし7回裏、先頭の山川穂高選手を内野安打で出塁させると、中村剛也選手に二塁打を許して一死二三塁のピンチ。続く栗山巧選手を投ゴロに打ち取ったが、その間に1点が入り、二死三塁となったところでマウンドを降りた。その後、後を受けたモイネロ投手がヒットを打たれて1点差となるも、9回表に再び1点を返し、その裏を守護神の森唯斗投手が締めくくった。

 試合後、バンデンハークは「ココ(バレンティン)とチームオランダでなんとか頑張ろうって話をしていたので、結果的にそれができて良かった」と語ったとおり、オランダ国籍でもある両選手の活躍もあり、ソフトバンンクが勝利。3試合ずつ分けて2勝1敗でいければいいと話してい指揮官の狙い通り、この6連戦を勝ち越して折り返すことに成功した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西