ニュース

チーム打率.306 野村弘樹氏はDeNA打線をどう見てる?

無断転載禁止
DeNAの新4番・佐野選手
 29日に放送された『ショウアップナイタープレイボール』に電話出演した野村弘樹氏が、DeNAの打線について言及した。

 DeNAは超攻撃的なオーダーで、チーム打率はリーグトップの.306を誇る。その打線について野村氏は、「オースティンがはまっているので、6番の宮崎までは一発のある打線ですよね。28日の阪神戦はロペスを外したんですけど、それも関係ないですからね。1番の梶谷も非常に当たっているので、6番まではしっかりとした打線になっていますね」と分析。

 開幕から4番に座る佐野については「後ろを打つ宮崎もいいし、前を打つオースティン、ソトは出塁率が良いので、そこに必ずヒットを打って繋いで、宮崎が返す形ができている。ホームランこそでていないですが、ヒットは出ているので、筒香の代わりとまではいいませんけど、4番の役割は果たしていると思いますね」と評価した。

 「まだ始まって9試合とはいえ、打率で考えるとDeNAはチーム打率が3割超えることなんてなかなかないですからね。これがシーズン終わりまで続くとは思いませんけど、脅威であることは間違いないですね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM