ニュース

DeNA・濵口が“驚き”の降板で2勝目消滅…早めの継投が裏目に

無断転載禁止
DeNA・濵口遥大
2020.06.30 18:00
読売ジャイアンツ 5 終了 2 横浜DeNAベイスターズ
東京ドーム

「88球」本人もびっくり“もう降板?”


 DeNAの濵口遥大投手は30日、敵地での巨人戦に先発登板。5回まで1失点と好投していたが、6回途中に濵口も“驚き”の継投に突入し、2番手・国吉が失点。濵口の今季2勝目の権利が消滅した。


 初回にいきなり2点の援護をもらった濵口は、2回に5番・中島にソロ本塁打を浴びたものの、3回以降は要所を締めるピッチングで今季2勝目の権利を確保。

 しかし、1点リードの6回、先頭の増田大に四球、2番・丸が併殺崩れとなったところで、DeNAベンチは継投に突入。5回1/3を投げて、被安打3、与四球2で1失点、球数88球に濵口は余力を感じていたのか、首脳陣の決断に一瞬“驚き”ともとれる表情を見せて降板した。

 右打者が続くクリーンナップに対し、2番手としてマウンドに上がったのは国吉佑樹だったが、3番・坂本の打席で一走・丸に二盗を決められると、続く4番・岡本に右前同点打、さらに6番・パーラにも適時打を打たれ、まさかまさかの逆転劇。DeNAベンチの積極的な継投策が裏目に出た格好となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西