ニュース

阪神、開幕から4カード連続負け越し…守乱3失策、秋山今季初黒星

無断転載禁止
阪神・秋山拓巳
2020.07.01 18:00
中日ドラゴンズ 6 終了 3 阪神タイガース
ナゴヤドーム
○ 中日 6 - 3 阪神 ●
<2回戦・ナゴヤドーム>

 阪神は今季3度目の3連敗。開幕から4カード連続の負け越しが決まった。

 前夜は3併殺の拙攻で完封負け。この日は守備が乱れた。阪神は3回表、8番・梅野の2号ソロで先制するも、4回裏、先発の秋山が二死三塁から5番・高橋に同点となる中前適時打を許した。続く阿部は三ゴロに打ち取ったが、二塁封殺を狙った三塁・マルテが二塁へ悪送球。カバーに回っていた右翼・糸井のチャージも甘く、ボールが転々とする間に一走・高橋の生還を許し逆転された。

 続く5回は秋山が2本の適時打を浴びるなど踏ん張れず。さらに、二塁・糸原の適時失策もあり、秋山は5回途中6失点(自責点5)で今季初黒星を喫した。阪神は7回にも、3番手・小川が併殺を焦り二塁へ悪送球。ここは失点につながらなかったものの、計3失策と守乱が目立った。

 打線は中盤以降、6番・サンズに左前適時打、9回には5番・ボーアに待望の今季1号ソロが飛び出したが焼け石に水。この日も投打が噛み合わず、これで開幕からの11試合で2勝9敗となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西